箴言2章ーー柔らかい心を持つこと

昨日のポストでは、神様とその知恵に対する固い心を持つ危険を見ました。でも、この個所では、神様とその言葉に対する柔らかい心を持つ祝福を見ます。

ソロモンはこう書いた。

わが子よ。もしあなたが、私のことばを受け入れ、私の命令をあなたのうちにたくわえ、あなたの耳を知恵に傾け、あなたの心を英知に向けるなら、もしあなたが悟りを呼び求め、英知を求めて声をあげ、銀のように、これを捜し、隠された宝のように、これを探り出すなら、そのとき、あなたは、主を恐れることを悟り、神の知識を見いだそう。主が知恵を与え、御口を通して知識と英知を与えられるからだ。(1-6)

神様とその言葉に対する柔らかい心を持つというのは、どういう意味でしょうか。

1.神様の言葉を受け入れることです。「あなたの言葉は良いし、正しい」と認めることです。

2.神様の言葉をあなたの心に蓄えることです。私たちはよく神様の言葉を聞いて、同意するけど、すぐにその言葉を忘れてしまいます。でもそれでは物足りないです。私たちはその言葉に思いを巡らし、その言葉を生かすべきです。

3.あなたの耳を知恵に傾けることです。つまり、神様は聖書や、牧師や、友達を通して話すとき、私たちは自分の心を開かなくてはならない。でも、多くの場合、私たちは「もう知っているよ」、または「その言葉は私の場合に当てはめられないよ」と言います。

しかし、柔らかい心はその言葉を受け入れて、その言葉によって変わります。

どのように知恵は私たちの心を変えるでしょうか。

4.あなたの心を英知に向けるべきです。「この言葉はどういう意味でしょうか。どうやってこの言葉を私の人生に当てはめられるでしょうか」と聞いた方がいいです。

また、

5.悟りを呼び求め、英知を求めて声をあげるべきです。つまり、神様から英知と悟りを求めるべきです。私たちはどうやって、聖書を私たちの人生に当てはめるか分からないときに、その言葉を捨ててはなりません。「私の人生には関係ない」と言ってはなりません。むしろ、神様に聞いてみてください。そうすれば、

主が知恵を与え、御口を通して知識と英知を与えられる。(6)

さらに、知恵に従うことを決めて、また、神様の道を行くことを決めたら、勝利を得るし、神様は私たちを見守ってくださいます。その知恵は私たちを悪の道から救い出します。

悪者は知恵を拒絶するのでなくなるけど、私たちは命を見つけます。

あなたはどうですか。神様とその知恵に柔らかい心を持っているでしょうか。積極的にその知恵を求めているでしょうか。その知恵をあなたの人生に当てはめているでしょうか。そうすれば、満ちたりた人生を見つけます。

 

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 箴言, 諸書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中