詩篇147篇ーー神様に信頼するとき

詩篇146では、私たちは、神様が私たちの信頼に値する方であることを見ました。この詩篇では、私たちは神様に信頼することの結果を見ます。

イスラエル人は何年も神様に反抗し、神様に信頼しそびれました。むしろ、彼らは自分自身や、偽物の神々や、周りの国々に頼りました。その結果は、壊れた国でした。

でもエズラとネヘミヤとハガイとゼカリヤのリーダーシップによって、彼らは神様にもう一度向かい始めました。だから、癒しのプロセスは始まりました。

詩人はこう書いた。

主はエルサレムを建てイスラエルの追い散らされた者を集める。

主は心の打ち砕かれた者をいやし彼らの傷を包む。(2-3)

そして、詩人はイスラエル人に神様の偉大さを思い出させました。また、どうして神様が私たちの賛美に値するかを思い出させます。それは、神様がすべてのものを造って、支えてくださることです。(5-9)

そして、詩人はイスラエル人に神様が人間とその動物の力に全然感動しないことを思い出させます。むしろ、

主を恐れる者と御恵みを待ち望む者とを主は好まれる。(11)

だから、詩人はイスラエル人を励ます。

「あなたの人生には、神様をほめたたえましょう。神様が私たちの門を強め、私たちを祝福し、私たちに平和を与え、私たちのニーズに備えることを覚えていてください。」

そして、詩人は彼らに、神様がほかの国々に表さずに、イスラエルだけに自分自身を表して、祝福してくださったことを思い出させます。

しかし、へブル人への手紙の著者によれば、神様は預言者たちだけを通して自分自身を表さなかった。今イエス様を通して、神様は自分自身を表してくださいます。だから、私たち皆はイエス様を通して、神様に近づくことができます。

それに、神様はイエス様にあって人間になったので、私たちをよく理解できるし、私たちに対して情け深いです。だから、その確信を持って、神様に近づきましょう。また私たちは神様に信頼しましょう。そうすれば、私たちは癒しや、祝福や、平和を見つけます。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中