詩篇144篇ーー勝利を与えてくださる神

多分、戦いの前に、ダビデはこの詩篇を書いたでしょう。でも、興味深いことは、ダビデはこの詩篇を、賛美の言葉で始めることです。

大変な状況に直面するとき、普段私たちは最初に、「神様。助けてください」と祈ります。でも、ダビデはこう歌いました。

ほむべきかな。わが岩である主。主は、戦いのために私の手を、いくさのために私の指を、鍛えられる。(1)

私はこの歌を読むと、ヨシャパテの話について考えます。彼は戦うとき、兵隊たちの前に歌手たちを送りました。そして、彼らはこう歌いました。

主に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。(歴代誌第二20:21)

この詩篇にも、ダビデは戦うときに、神様に対する信仰を言い表しました。自分の軍隊や盾に頼らずに、神様に頼りました。彼はこう歌いました。

主は私の恵み、私のとりで。私のやぐら、私を救う方。私の盾、私の身の避け所。私の民を私に服させる方。(2)

そして8篇のように、ダビデは、どうして神様が彼を愛しているかを思って、驚きました。

彼はその神様の愛の確信を持って、神様がその戦いの中で彼を助けてくださることを願いました。また、神様が彼を敵から救って、彼の民が平安と繁栄があるように祈りました。

そして、彼はこう歌って、この詩篇を終えました。

幸いなことよ。このようになる民は。幸いなことよ。主をおのれの神とするその民は。(15)

あなたはどんな戦いに直面しているでしょうか。あなたは職場や、学校や、家でも、戦いがあるかもしれない。

あなたの1日を始めるとき、自分の心配に関して考えずに、先に神様を賛美してください。神様があなたを愛していることを覚えて、その知識にあって安心してください。もしあなたの周りに争いがあれば、神様の平和があなたを通して流れるように祈ってください。そして、その戦いがあなたに対しても、周りの人々に対しても、また敵さえに対しても、祝福になるように祈ってください。

なぜなら、私たちの敵は本当の敵ではないから。イエス様は彼らのためにも死んでくださいました。

主よ。あなたの愛と慈しみを感謝します。あなたは私の戦いをよく知っています。私の盾になるように。私の助けになるように。この人々ではなく、むしろサタンと悪霊が私の敵であることを私が覚えるように。だから、私が私を傷つける人々を憎まないように。むしろ私が彼らを愛することを助けてください。あなたの平和を与えてください。また、あなたの平和が私を通して流れるように。イエス様の皆によって祈ります。アーメン。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中