詩篇141篇ーー「私たちを試みに会わせないように」

詩篇140篇では、主の祈りのように、ダビデは祈った。「悪からお救いください。」

141篇も、主の祈りに似ている点があります。この詩篇では、ダビデは祈りました。

私たちを試みに会わせないように。(マタイ6:13)

特に、ダビデはこう祈りました。

主よ。私の口に見張りを置き、私のくちびるの戸を守ってください。

私の心を悪いことに向けさせず、不法を行なう者どもとともに、悪い行ないに携わらないようにしてください。私が彼らのうまい物を食べないようにしてください。(3-4)

ダビデは二つのことを気にしました。つまり、彼の言葉と思いを気にしました。

最初に、彼は祈った。「私の口から悪い言葉が出ないように)」

多くのクリスチャンは口の罪と戦います。彼らは文句を言ったり、噂をしたり、人々を傷つけたりします。私もそんな罪と戦います。時々私もその誘惑に負けます。

でもダビデは自分の思いをも気にしました。彼は祈った。「私の心を悪いことに向けさせないように。私は悪者の生活を見たら、彼らをねたまないように。」

もし私たちは罪について考えて、悪者をねたんだら、罪に落ちるのは簡単なことになるのです。

イエス様は私たちの思いについて私たちに注意しました。

イエス様が言ったのは、もし私たちが心の中で兄弟に対する怒りを保ったら、心の中で彼らを殺したのと同等ということです。(マタイ5:21-22)

また、

だれでも情欲をいだいて女を見る者は、すでに心の中で姦淫を犯したのです。(マタイ5:28)

神様は私たちの仕業だけを気にしません。神様は私たちの心、また、私たちの思いをも気にします。ダビデはそのことを知っていたので、神様が彼の口も心も守るように祈りました。

そして、彼は謙遜な態度、また柔らかい心のために祈りました。彼はこう祈った。

正しい者が愛情をもって私を打ち、私を責めますように。それは頭にそそがれる油です。私の頭がそれを拒まないようにしてください。(5)

私たちの多くは、責められるのが嫌いです。でも、ダビデは、注がれる癒す油のように受けました。

ダビデがバテ・シェバの夫を殺して、彼女と結婚したら、預言者ナタンは彼を厳しく責めました。ダビデにとって、その言葉が本当に苦しかったと思います。

でも、彼はその言葉を受けて、悔い改めました。だから神様は彼を赦してくださいました。

それは誘惑に戦うカギの一つです。私たちは神様の懲らしめを受けなくてはならない。神様が私たちを責めたら、私たちは柔らかい心が必要です。そして、悔い改めなくてはならない。

この詩篇の終わりで、ダビデはもう一度、神様が彼を敵から救い出すように祈ります。

毎日、私たちも同じ祈りを祈りましょう。

私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。(マタイ6:13)

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中