詩篇135篇ーー神の神

134篇のように、この詩篇は私たちを神様を礼拝するように招きます。また、この詩篇は115篇に似ているところもあります。

この詩篇のテーマは、神様が偉大な方で、ほかの(偽の)神々が神様と比べられないということです。

5節で詩人はこう歌います。

まことに、私は知る。主は大いなる方、私たちの主はすべての神々にまさっておられる。 (5)

そして、彼は神様がどのようにほかのの神々よりも勝っているか説明します。

つまり、神様は全能の主で、すべての被造物を支配します。また、イスラエルを救うために、神様はエジプトとその神々を倒し、もう二人の王たちを倒したのです。

そして、詩人は神様を周りの国々の偶像と比べます。

神様はすべての被造物を作ったけど、偶像は人間の作品です。

偶像は目があるけど見ることができないし、耳があるけど聞こえないし、口があるけど息できないし話せない。だから、詩人はその自分の手で作ったものを礼拝する人々をからかいます。

これを造る者もこれに信頼する者もみな、これと同じです。 (18)

そして、詩人はすべての人々をすべてを治める神様を礼拝するように招きます。

でも、私が気に入ったところは4節です。

まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、イスラエルを選んで、ご自分の宝とされた。 (4)

神様はヤコブとイスラエルを選び、自分のものとされ、また自分の宝とされました。今でも、多くのイスラエル人がイエス様を拒絶しているけど、神様は彼らを諦めていないです。パウロはイスラエルに関してこう言った。

神の賜物と召命とは変わることがありません。 (ローマ11:29)

神様はイスラエルを捨てないけど、神様はイエス様を信じる方を見るとき、私たちに関しても、イスラエルに対する同じ言葉を言います。

つまり、ペテロは私たちについてこう言いました。

しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです。 (第一ペテロ2:9)

なぜ神様は私たちを選び、自分の民とされたでしょうか。私たちが周りの人々に神様の素晴らしいみわざを宣べ伝えるためです。そうすれば、彼らも闇の中から出て、神様の驚くべき光に行くよう招かれます。

だから、詩人は私たちにこう言います。

イスラエルの家よ。主をほめたたえよ。アロンの家よ。主をほめたたえよ。

レビの家よ。主をほめたたえよ。主を恐れる者よ。主をほめたたえよ。

ほむべきかな。主。シオンにて。エルサレムに住む方。ハレルヤ。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中