詩篇134篇ーー礼拝する心を保つこと

これは最後の都上りの歌です。もしかしたら、イスラエル人はエルサレムへの巡礼が終わって、帰る時にこの歌を歌ったかもしれない。

帰る時、彼らは夕方にまだ宮で働く人々にこう歌ったかもしれない。

さあ、主をほめたたえよ。主のすべてのしもべたち、夜ごとに主の家で仕える者たちよ。

聖所に向かってあなたがたの手を上げ、主をほめたたえよ。(1-2)

彼らは祭司たちとレビ人に、怠けずに注意をし続け、主を礼拝し続け、主に仕え続けるように励ましました。

あるレビ人たちは歌う役割があって、昼となく夜となくその仕事に携わりました。(歴代誌第一9:33)

もしかしたら、イスラエル人はそのレビ人にその言葉を歌ったかもしれない。

とにかく、私たちが覚えているべきなのは、神様についてよく考えるべきという事です。

時々、私たちの考え方は皮肉っぽくなるので、その考え方は私たちの祈りに影響を与えてしまいます。私たちは神様の愛を忘れます。神様の良さを疑い始めます。だから、祈る価値があるかどうか疑います。そして、私たちは神様からもっと離れるように感じます。

でも、感謝の心を持てば、神様がどんな方であるか覚えていて、また神様の良さを覚えていたら、皮肉があなたの魂を毒することはありません。

神様の民として、私たちは神様の祭司です。でも、皮肉っぽい祭司が本当に酷いものである事を覚えていてください。

あなたはどうですか。皮肉な態度はあなたの魂を毒しているでしょうか。皮肉はあなたのこの世に対する態度や、あなたの人生に対する態度を毒しているでしょうか。

もう一度私たちの思いを神様中心にしましょう。神様の良さに焦点を当ててください。神様のあなたに対する愛に焦点を当ててください。神様があなたのために何をしてくださったことに焦点を当ててください。感謝の態度を取ってください。そうすれば、あなたの皮肉な態度はなくなって、あなたの喜びは戻ります。

巡礼者が帰る時、祭司たちはこう叫んだ。

天地を造られた主がシオンからあなたを祝福されるように。(3)

この巡礼で、神様があなたに全ての霊的な祝福を与えるように。神様があなたの皮肉な心を清めて、あなたの心に喜びを満たしてくださるように。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中