詩篇127篇ーー私たちの努力の限界

ソロモンがこの詩篇を書いたのですが、私はこの詩篇を読むと、ネヘミヤの話について考えます。

ソロモンはこう書いた。

主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。(1)

もちろん、ネヘミヤは自分の計画を立てました。ユダヤ人の敵がエルサレムを脅した時、彼は対策を練りました。でも、神様がユダヤ人と共におられなかったら、その計画は虚しかったでしょう。

私たちが自分の役割をすることと、神様に信頼して、委ねるバランスがあります。

もし、私たちが座っているだけで、何もしないなら、神様の祝福が期待できません。しかし、神様が私たちの計画の中心ではないなら、私たちの努力は虚しくなるでしょう。

多くの場合、私たちはこう祈ります。「神様、私たちはこうすることになりました。私たちの計画を祝福してください。」

でも、私は最初からこう祈らなくてはいけないです。「神様。あなたの御心を教えてください。私たちはどうすれば良いでしょうか。」

ネヘミヤの話を見ると、彼が何をしても、いつも祈ったことが分かります。私たちもそうするべきです。

ソロモンはこう書いた。

あなたがたが早く起きるのも、おそく休むのも、辛苦の糧を食べるのも、それはむなしい。主はその愛する者には、眠っている間に、このように備えてくださる。(2)

多くの人々の問題は、その人生を仕事中心にすることです。でも、彼らは自分の健康と家族を放置してしまいます。

もちろん、仕事は大切なんだけど、私たちの優先順位が正しいかどうか確認しなくてはなりません。私たちはちゃんと寝るべきだし、ちゃんと食べるべきだし、家族と一緒に時間を過ごすべきです。

ソロモンはそれを理解しました。特に家族の大切さが分かりました。だから彼はこう書いた。

見よ。子どもたちは主の賜物、胎の実は報酬である。(3)

もし、あなたの仕事が大変すぎて、ちゃんと寝られず、しっかり食事をとれず、家族と時間を過ごせないなら、新しい仕事のために祈った方が良いと思います。

とにかく、覚えていてください。あなたの人生を神様中心にしてください。そうすれば、あなたの努力は決して虚しくならない。でも、そうしないなら、あなたの努力は最終的に虚しくなります。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中