詩篇125篇ーー揺るぐことはない

この詩篇も私のお気に入りです。実は、私が高校生の時、私の教会はこの詩篇をもとにした歌を歌っていました。

私は特に1-2節が大好きです。

主に信頼する人々はシオンの山のようだ。ゆるぐことなく、とこしえにながらえる。

山々がエルサレムを取り囲むように、主は御民を今よりとこしえまでも囲まれる。(1-2)

詩人は二つの生き生きとした描写を使います。一つ目は、揺るがない山です。

詩人は神様に信頼する人がシオンの山のようだと言います。

どうして、シオンは揺るがなかったでしょうか。大きい山だからでしょうか。それは違います。シオンの高さは約730メートルしかありません。富士山の方が断然大きです(3776メートル)。富士山と比べると、シオンはただの丘です。でも、神様はシオンを見守ったので、揺るがなかった。そのように、神様が私たちを見守るので、私たちは揺るがない。

それに、山々がエルサレムを取り囲むように、神様は私たちを囲みます。主は私たちの砦であり、私たちを滅ぼしたがる悪魔から守ってくださいます。

そして、詩人は神様の正義に関して、確信を言い表します。つまり、悪者は義人を治めないことです。なぜなら、悪者が義人を治めれば、最終的に義人は罪に落ちるかもしれないから。

残念なことですけど、詩人の言葉は神様の約束ではありません。でも、神様は支配者の行動に限界を置きます。神様はどれぐらいその支配者の治世が続く限界を置くし、信者に対する迫害の限界も置きます。

だから、いつか世界の酷い苦難のため、神様は最後の日数を少なくします。イエス様はその時についてこう言いました。

もし、その日数が少なくされなかったら、ひとりとして救われる者はないでしょう。しかし、選ばれた者のために、その日数は少なくされます。(またい24:22)

とにかく、詩人は神様が自分の民に慈しみを施すように祈りました。また、悪者がいつか裁かれることを覚えています。(4-5)

そして、彼は祈ります。

イスラエルの上に平和があるように。(5b)

私たちの人生はいつもスムーズに行きません。でも、神様に信頼しましょう。神様が私たちを見守り、私たちと共におられることを覚えていましょう。そうすれば、私たちは決して揺るぐことがありません。

また、私たちの苦難の中で、詩人のように、神様の祝福と恵みのために祈りましょう。そうすれば、イスラエルを見守った神様が、私たちをも守ってくださることを実感します。

 

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中