詩篇124篇ーー神様の恵みを喜ぶこと

ダビデはこの詩篇を書いたけど、いつ彼が書いたのかは分かりません。多分大きな勝利の後に書いたでしょう。

その時、ダビデは神様の恵みを喜びました。彼は叫んだ。「もしも主が私たちの味方でなかったなら、私たちは敵に滅ぼされただろう。でも、神様がその罠を壊したので、私たちは免れた。」(1-7)

そして、彼は歌います。

私たちの助けは、天地を造られた主の御名にある。(8)

幸いなことに、私は敵にそのように攻撃されたことがないですけど、神様が私をサタンの罠から救い出してくださったことを感謝します。私が自分自身を救い出せなかった時、キリストは私の罪のために死んでくださいました。

どうして、イエス様は私のために死んでくださったか。私を愛しているから。イエス様は私の味方だから。どうして、イエス様が私を愛して、私を助けたがったか分からないけど、そのことを感謝します。

さらに、神様はあなたの味方です。だから、この詩篇を読む時、この私たちに豊かに注がれた恵みを忘れないでください。

主よ。私があなたの恵みに値しなかったのに、その恵みを私に注がれたことを感謝します。あなたは私をサタンの罠から救い出し、あなたの国に導いてくさり感謝します。あなたの恵みを喜びます。だから、私がこのもらった恵みを周りの人々に与えられるように助けてください。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中