詩篇122篇ーー神様の民と一緒にいる喜び

巡礼者がエルサレムの門にたどり着くと、多分この歌を歌い始めたでしょう。この歌は、詩人が神様の宮に入る喜びを言い表します。

人々が私に、「さあ、主の家に行こう」と言ったとき、私は喜んだ。(1)

私は若い時、あまりそんな喜びはありませんでした。私は7-8歳ぐらいにクリスチャンになったけど、中学生になったとき、もう教会に行きたくなくなりました。私の教会はいい所でしたが、私は他のことをしたかったんです。

でも、高校生になった時、初めて神様の臨在を感じました。私が賛美をするとき、急に私が分かったのは、私たちがカラオケをしているではなく、その歌を通して、神様に祈っていることです。

その経験で、私が教会と礼拝についての考え方が変わりました。

時々、クリスチャンは教会が要らないと思います。なぜなら、彼らは自分で礼拝できると思うヵら。

もちろん、礼拝は個人的な面もあります。でも、もし私たちが他のクリスチャンと一緒に礼拝するのが嫌いだったら、私たちの態度は間違っています。

時々、私たちのにはプライドの問題があります。「私は聖書をもう良く知っている。牧師の説教は要らない。」

時々、私たちは人々を許せないので、教会に行きたくないと思います。「どの教会に行っても、誰かが私を傷つける。だから、教会はもういいです。」

時々私たちはいつも人々を裁きます。「全てのメンバーは偽善者だ。彼らと付き合いたくない。」

また、時々私たちは自己中心です。「私にとって、教会に行く益がない。」

でも、教会に行くのは、ただ私たちの利益のためではありません。教会で、私たちは神様に賛美を捧げます。また、私たちは周りの人々に仕えるべきです。そして、彼らと一緒にそのコミュニティに仕えるべきです。

この詩篇では、詩人はエルサレムの平和のために祈る事について話します。また、彼はエルサレムの繁栄を求めます。そのように、私たちは自分の都市のために祈るべきだし、その都市の繁栄を求めるべきです。

一人では、このようなことは私たちはあまりできません。しかし、キリストの体として、教会は私たちのコミュニティに影響を与えることができます。

もしあなたが、ただ礼拝に出て、すぐに帰るなら、あなたは神様の計画が全然見えない。だから、教会の人々と交わって、一緒に働いて下さい。神様の体で、あなたには自分の役割があるので、その役割を果たしてください。

へブル人への手紙の著者はこう書いた。

また、互いに勧め合って、愛と善行を促すように注意し合おうではありませんか。ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。(へブル書10:24-25)

 

 

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中