詩篇121篇ーー私たちを見守る神

これは本当に美しい詩篇です。私の父が生前、この詩篇が大好きだったので、彼が亡くなった時、葬式でこの詩篇は読まれました。

この詩篇では、詩人は主に対する信頼を言い表します。彼は歌います。

私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。

私の助けは、天地を造られた主から来る。(1-2)

120篇のように、これは都上りの歌です。人々はエルサレムに巡礼するときにこの歌を歌いました。だから、彼らが目を上げて、エルサレムを見る時、心の中で喜びが湧いてきたことを想像できます。なぜなら、神様がソロモン王に約束したように、神様の臨在には主の宮にあったから。(列王記9:4)

もちろん主の宮は神様をお入れすることはできませんでした。ソロモンもそのことを認めました。でも神様は、宮に来てイスラエル人に会うことを約束しました。また、彼らが宮に向かい、祈る時、神様はその祈りに応えることを約束しました。

だから、人々はエルサレムに巡礼した時、全然寝ない神様が彼らを見守ることを覚えていて、慰められました。暑い日には、神様は彼らの陰でした。また夜には、神様は彼らを守りました。

でも、それだけではなく、彼らの人生を送れる間に、神様が彼らと共にいらっしゃることを覚えていました。

だから、詩人はこう歌いました。

主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守られる。

主は、あなたを、行くにも帰るにも、今よりとこしえまでも守られる。(7-8)

私たちもその言葉によって慰められましょう。何が起きても、神様はあなたを「耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。」(第一コリント10:13)

私たちがこの世界に生きる間に、神様は私たちを見守ります。そして、私たちを栄光に導いて下さいます。

主よ。あなたが私を見守ってくださり感謝します。あなたが決して寝ないし、私がどこに行っても、あなたの手は私を覆ってくださいます。だから、私が困る時に、あなたに向かって、仰ぎます。あなたは私の助け主です。主イエスキリストの名前によって祈ります。アーメン。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中