詩篇110篇ーー私たちの王と祭司

これは、本当に有名なメシアについての詩篇です。イエス様はその詩篇を引用して、パリサイ人が答えられない謎をかけました。(マタイ22:41-45)

この詩篇では、(つまり、天の父)は、ダビデの主(つまり、メシヤ)にこう言います。

わたしがあなたの敵をあなたの足台とするまでは、わたしの右の座に着いていよ。(1)

昔は、戦勝した王は敗戦した王の首を踏みました。この箇所では、天の父はイエス様が敵を打ち勝つことを約束します。また、天の父はイエス様が自分に逆らう人でも支配することを約束します。

でも4節によれば、イエス様はただの王ではありません。イエス様は私たちの祭司です。でも、イエス様はアロン系の祭司ではありません。むしろ、天の父はこう言った。

主は誓い、そしてみこころを変えない。「あなたは、メルキゼデクの例にならい、とこしえに祭司である。」(4)

アブラハムの時代、メルキゼデクは祭司であり、王でした。

ダビデとその息子ソロモンは王だったけど、時々祭司のように、いけにえをささげたり、主の名によって人々を祝福をしたりしました。それでも、彼らは祭司ではありませんでした。

でも、イエス様は私たちの王と祭司です。でもアロンの祭司の職はイエス様の祭司の職には大きい違いがあります。アロンとその子孫は祭司として一時的に神様に仕えました。でも、イエス様は永遠の祭司です。なぜなら、イエス様は永遠の方だから。(へブル人への手紙7:24)

そして、6節によれば、最後の日にイエス様は全ての国々を裁きます。その日、すべての人々はイエス様の王座の前に立って、裁かれます。

良い知らせは、イエス様は私たちの大祭司だから、天の父の前に私たちのためにとりなしていることです。だから私たちは神様を恐れる必要はありません。むしろ、へブル人への手紙の著者はこう言います。

ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。(へブル4:16)

イエス様、あなたは私の王と神と裁判官です。でも一番感謝しているのは、あなたは私の大祭司であることです。あなたは私のためにとりなし、私の罪をあなたの血によって取り去ってくださり、感謝します。でも、それよりも、あなたが本当に素晴らしい神であることを感謝します。あなたの名前によって祈ります。アーメン。

 

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中