詩篇103篇ーー神様の愛と憐れみ

この詩篇では、ダビデは神様の愛と憐れみについて歌います。いつダビデがこの詩篇を書いたか分からないけど、多分バテ・シェバとの罪の後かもしれない。もしかしたら、ダビデはイスラエル人の人数を数えた罪の後に、この詩篇を書いたかもしれない。

とにかく、彼の罪が赦された後に、彼は歌います。

わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。(1)

私はこの箇所を読む時、イエス様の言葉が浮かびます。つまり、多くの罪が赦された人は神様をよけい愛します。(ルカ7:47)

ダビデは、多く赦されたので、彼の神様に対する愛はより大きかった。

彼は酷い罪を犯しても赦されたし、彼の健康が回復されたし、死から救われた。それに、彼が何回失敗しても、神様は彼を恵みとあわれみとの冠をかぶらせました。(2-4)

そして、ダビデは神様がモーセに何を言ったか思い出した。神様は自分についてこう言いました。

主は、あわれみ深く、情け深い。怒るのにおそく、恵み豊かである。(8)

ダビデはその言葉に加えました。

主は、絶えず争ってはおられない。いつまでも、怒ってはおられない。

私たちの罪にしたがって私たちを扱うことをせず、私たちの咎にしたがって私たちに報いることもない。

天が地上はるかに高いように、御恵みは、主を恐れる者の上に大きい。

東が西から遠く離れているように、私たちのそむきの罪を私たちから遠く離される。(9-12)

その言葉が大好きです。

「絶えず争ってはおられない。」

あなたのお父さんとお母さんは何回もあなたを責めたかもしれない。彼らはあなたを決してほめずに、いつも批判したかもしれない。だから、あなたは神様がそんな方であると思っておられるかもしれません。でも、神様は絶えず争う方ではありません。

そして、私たちが悔い改めると、神様は自分の怒りを心の中に持ち続けることはありません。

時々、人々は「あなたを許してあげる」と言うけど、私たちがもう一度失敗したら、彼らは私たちの以前の失敗も思い出させます。神様はそうしません。神様は私たちを赦す時、私たちの罪をもう思い出しません。

それに、神様は私たちの弱さを知っているので、私たちを憐れみます。神様は人間になったので、私たちの弱さをよく知っています。私たちのようにイエス様は誘惑されたけど、決して罪を犯さなかった。でも、その経験によって、私たちの誘惑が分かるようになった。だから、私たちは悔い改め、神様を敬うと、神様の恵みは永遠から永遠まで私たちの上にあります。(13-17)

だから、ダビデは天の者と全地の者が神様を誉めるように招きます。ダビデも賛美してこう歌いました。

わがたましいよ。主をほめたたえよ。(22)

主よ、あなたの愛と憐れみを感謝します。私が弱くて、罪を犯しても、あなたが私をまだ愛して下さることを感謝します。あなたは私を争わずに、恵み深い目で私を見ます。私がその恵みと憐れみを周りの人々にシェアするように助けてください。アーメン。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中