詩篇102篇ーー決して変わらない神

私はこの詩篇の最後の部分が大好きです。

あなたははるか以前に地の基を据えられました。天も、あなたの御手のわざです。

これらのものは滅びるでしょう。しかし、あなたはながらえられます。すべてのものは衣のようにすり切れます。あなたが着物のように取り替えられると、それらは変わってしまいます。

しかし、あなたは変わることがなく、あなたの年は尽きることがありません。(25-27)

要するに、いつかこの世が滅びるので、神様はこの世を新しくしなくてはならない。でも、神様は決して変わらない。

どうしてその真理は大切なのでしょうか。なぜなら、私たちがどんなに失敗しても、私たちに対する神様の憐みは決して絶えないから。

多分、ユダヤ人がバビロンに追放されたとき、詩人はこの詩篇を書いたのでしょう。だから、彼はイスラエル人の苦しみを見た時、泣きました。神様が自分の怒りを彼らに注いたので、彼らの敵は彼らをからかったし、イスラエル人は絶望しました。

でも、詩人は叫びます。

しかし、主よ。あなたはとこしえに御座に着き、あなたの御名は代々に及びます。

あなたは立ち上がり、シオンをあわれんでくださいます。今やいつくしみの時です。定めの時が来たからです。(12-13)

エレミヤの預言によれば、イスラエル人の追放は70年続きます。だから、多分のその追放の終わりが迫るとき、詩人は祈った。「私たちがエルサレムに帰る時間がもうすぐ来ます。だから、立ち上がって、私たちを憐れんでください。」

そして、彼は将来について考えました。その時、神様がエルサレムを建て直すので、周りの国々は驚きます。

詩人はこう歌いました。

こうして、国々は主の御名を恐れ、地のすべての王はあなたの栄光を恐れましょう。

なぜなら、主はシオンを建て、その栄光のうちに現われ「ます。」(15-16)

その日を楽しみにして、詩人は主の憐みを喜び、歌います。

窮した者の祈りを顧み、彼らの祈りをないがしろにされなかったからです。(17)

また、

主はその聖なるいと高き所から見おろし、天から地の上に目を注がれました。

捕らわれ人のうめきを聞き、死に定められた者を解き放つために。(19-20)

この箇所が大好きです。私たちが罪で縛れて、死に値したのに、神様は私たちの叫びを聞いて下さって、私たちを解放してくださいました。

いつか、私たちは私たちを贖った神の前に集まり、礼拝します。それに、私たち永遠まで神様の御前に住みます。(22,28)

私はそれを楽しみにしています。

主よ、あなたは永遠からの神です。人々は変わるかもしれないけど、あなたは決して変わらない。私たちが罪を犯しても、あなたの憐れみは決して変わらない。だからあなたを賛美します。あなたがもう一度来るまで、私に対するあなたの憐れみが毎日新しくなるように。あなたの忠実さを感謝します。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中