詩篇100篇ーー本当の礼拝

これは礼拝のための歌です。

だから、この詩篇の始めに、詩人は私たちを神様を礼拝するように招きます。

全地よ。主に向かって喜びの声をあげよ。

喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。(1-2)

そして、詩人は私たちの礼拝の理由を教えます。つまり、詩人は神様がだれであるか、わたしたちがだれであるか、また私たちの神様との関係は何であるか反省します。

神様は誰でしょうか。神様は「」です。

この話を進める前に、多分ちょっと説明した方が良いと思います。

新改訳では、時々「」は太字で書かれます。時々、「主」は普通のフォントで書かれます。どうしてでしょうか。「」は太字で書かれた時、実は、それは「ヤハウェ」という言葉です。「ヤハウェ」は神様の名前です。

実は、私たちはその名前の子音しか知りません。なぜなら、ユダヤ人は神様の名前を尊重したので、聖書を読む時、彼らは決して「ヤハウェ」を言わなかったから。その代わりに「主」と言いました。それに、彼らはヤハウェの名前を書くとき、子音しか書かなかった。だから、今誰もヤハウェの本当の発音をよく知らない。誰もヤハウェの母音を知らないから。

そういうわけで、日本語の聖書と英語の聖書のほとんどは神様の名前のために「主」と使います。

とにかく、太字の「」を見るなら、その代わりに「ヤハウェ」と入れ替えてみてください。

多分「ヤハウェ」という名前は、出エジプト3章14節から来ます。その時、モーセは神様に尋ねた。「あなたの名前は何ですか。」

神様は「わたしは、『わたしはある』という者である。」と答えました。

ヘブル語では、「ヤハウェ」と言う名前は「ある」という動詞から来ています。

その名前によって、神様は私たちに言うのは、「私は永遠の方です。私は永遠から存在し、永遠まで存在します。私は決して変わらない。」という事です。

それに、神様は私たちの創造主です。

それでは、私たちは誰でしょうか。そして、私たちの神様との関係は何でしょうか。私たちは神様のものです。私たちは神様に属するものです。なぜでしょうか。

神様が私たちを造ったから。私たちは自分自身を造らなかった。神様は私たちの創造主だから、私たちは正当に神様に属します。だから詩人は言います。

私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。(3)

神様の羊として私たちはどうしたらいいでしょうか。

感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、入れ。主に感謝し、御名をほめたたえよ。(4)

以前のブログでは、私はジム・エリオットという人について話しました。「Shadow of the Almighty」という本の箇所の一つは本当に私の心を打ちました。エリオットは100篇4節についてこう書いた。

どうして、羊はその門に入っているでしょうか。どうして、主の大庭に入っているでしょうか。歌を歌って、羊の交わりを楽しむためでしょうか。それだけでしょうか。違います。

彼らは祭壇に行っていました。彼らは牧場で食べた目的は、彼らを試し、いけにえの準備させられるためです。

だから、神様に感謝しましょう。なぜなら、あなたはその祭壇に値するものとして認められたから。

賛美しながら、神様の仕事をしなさい。。。

天のお父様、あなたの御心だったら、私の命、私の血を取って、あなたの火で焼きつくしてください。私の人生を救おうと思っていません。なぜなら、この人生は私の物ではないから。私の人生のすべてを取って、用いてください。この世のために私の血を供え物として注いでください。なぜなら、私の血は、あなたの祭壇の前に流れる時だけに価値があるから。

あなたはその言葉が極端だと思うかもしれないけど、多分エリオットはパウロの言葉をよく理解していました。

そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。(ローマ12:1)

実は、エリオットはアウカ族の救いのために自分の血を注ぎました。

だから、覚えていてください。礼拝はただ賛美の歌を歌う事ではないです。

礼拝は生きた供え物になる事です。

礼拝は、自分の目的のためでなく、神様の目的のために生きることです。

礼拝は主を喜ばせることです。

それらは本当の礼拝です。

時々、礼拝の代価は高いです。でも主にすべてを捧げるとあなたは喜びを知ります。どうして私はそう思うでしょうか。

主はいつくしみ深くその恵みはとこしえまで、その真実は代々に至る。(5)

その言葉を信じないなら、主に人生を捧げるのは難しくなります。でも、神様が良い方であることを信じたら、また、神様が忠実で、私たちを愛して、私たちの最善を望むことを信じたら、神様にすべてを捧げることは当然なことになります。

あなたはどうですか。そのことを信じるでしょうか。神様は本当に礼拝しているでしょうか。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 旧約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中