詩篇99篇ーー聖なる神

私たちが神様の性格について考える時、たいてい「愛」と言う言葉はすぐに浮かぶでしょう。

もちろん、神様は愛です。でもこの箇所では、私たちはもう一つの面を見ることができます。つまり、神様は聖なる方ということです。

だから、詩篇97篇と99篇の最初の言葉はちょっと違います。

詩篇97篇では、詩人は歌います。

主は、王だ。地は、こおどりし、多くの島々は喜べ。(97:1)

でも、99篇では、詩人はこう歌います。

主は王である。国々の民は恐れおののけ。主は、ケルビムの上の御座に着いておられる。地よ、震えよ。(99:1)

どうして神様の前に私たちは恐れおののくでしょうか。どうして、地は震えるでしょうか。なぜなら、神様は聖なる方だけど、私たちはそうではないから。

この詩篇では、詩人は何回も神様の聖さについて歌います。

国々の民よ。大いなる、おそれおおい御名をほめたたえよ。主は聖である。(3)

また、

われらの神、主をあがめよ。その足台のもとにひれ伏せ。主は聖である。(5)

また、

われらの神、主をあがめよ。その聖なる山に向かって、ひれ伏せ。われらの神、主は聖である。(9)

神様の聖さを見る時、何回も人々は神様を恐れ、平伏しました。モーセや(出エジプト3:5-6)、イザヤや(イザヤ6:5)、ヨハネは(黙示録1:17)そうしました。

彼らは神様を見る資格がないとよく知っていました。むしろ、彼らは自分の罪のために死に値することをよく知っていたのです。

でも、何回も神様は彼らとイスラエル人に憐れみを与えてくださいました。

だから、詩人はその憐れみについて歌います。

あなたは、彼らにとって赦しの神であられた。しかし、彼らのしわざに対してはそれに報いる方であった。(8)

イスラエル人は神様に信頼しそびれたのに、神様は彼らを決して捨てなかった。彼らが罪を犯した時、神様は彼らを懲らしめたけど、彼らを捨てずに、憐れみました。

それに、モーセや、アロンや、サムエルが不完全な人なのに、彼らが神様に祈った時、神様は応えてくださいました。

ここの良い知らせは、神様は私たちにもそのように扱ってくださることです。神様は聖なる方で、私たちがそうではないのに、私たちを決して捨てません。私たちが何回も失敗しても、神様は私たちを赦して、私たちの祈りに答えてくださいます。

だから、神様の聖なるさと憐れみを覚えていて、毎日神様をほめたたえましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中