詩篇91篇ーー全能の神の陰に宿ること

私が好きな本の一冊は「Shadow of the Almighty」(つまり、全能の神の陰)という本です。この本はジム・エリオットという宣教師についてです。彼は南米のアウカ族に対する宣教師でした。

この本の中に、彼の手紙や日記の書き入れがあります。残念なことだけど、日本語の翻訳がないのですが、あなたが英語ができるなら、私はその本を本当に勧めます。

皮肉なことだけど、その本のタイトルはこの詩篇から来るけど、エリオットの人生のうわべを見るなら、あなたは彼が本当に神様の陰に宿ったかどうか疑うかもしれない。

この詩篇は神様の陰に宿る人の祝福について話します。詩人はその人についてこう言います。

あなたは夜の恐怖も恐れず、昼に飛び来る矢も恐れない。

また、暗やみに歩き回る疫病も、真昼に荒らす滅びをも。

千人が、あなたのかたわらに、万人が、あなたの右手に倒れても、それはあなたには、近づかない。(5-7)

そして、彼はこの詩篇をこの素晴らしい言葉で終えます。

それはあなたが私の避け所である主を、いと高き方を、あなたの住まいとしたからである。

わざわいは、あなたにふりかからず、えやみも、あなたの天幕に近づかない。

まことに主は、あなたのために、御使いたちに命じて、すべての道で、あなたを守るようにされる。

彼らは、その手で、あなたをささえ、あなたの足が石に打ち当たることのないようにする。

あなたは、獅子とコブラとを踏みつけ、若獅子と蛇とを踏みにじろう。

彼がわたしを愛しているから、わたしは彼を助け出そう。彼がわたしの名を知っているから、わたしは彼を高く上げよう。

彼が、わたしを呼び求めれば、わたしは、彼に答えよう。わたしは苦しみのときに彼とともにいて、彼を救い彼に誉れを与えよう。

わたしは、彼を長いいのちで満ち足らせ、わたしの救いを彼に見せよう。(9-16)

それでは、エリオットはどのように死んだのでしょうか。実は、彼が福音を述べ伝えた人々が彼を殺してしまったのです。

それは神様の人々に対して、異常なことではないです。多くの人々は神様に従ったのに、暴力的な死を経験しました。イザヤや、エレミヤや、ペテロや、ヤコブやパウロは神様に従ったけど、神様の敵に殺されました。

では、私のポイントは何でしょうか。神様の言葉は間違いのということでしょうか。とんでもない。

でも、もしこの詩篇によって、あなたは私たちがこの壊れた世界で決して苦しまないと思うなら、その詩人の意味を誤解しているのです。なぜなら、その詩人が(モーセかもしれないけど、私は分からない)きっと神様の陰に宿る人々が苦しむのも見たことがあったと思うから。

それでは、この詩人は何を言っているでしょうか。

もし、私たちが神様の陰に宿るなら、私たちがどんな試練に直面しても、神様が私たちを決して捨てないことです。神様は私たちを守るために天使を送るし、神様自身は私たちと共におられます。そして、死の陰の谷を歩いても、その谷の反対側にきっと辿り着くことができます。

そのとき、私たちが振り返るなら、神様が最後まで私たちとともにおられたことを見ます。私たちは神様が私たちの絶望の叫びを聞いてくださったことを見るし、私たちをいろんな災いから守ったことも見ます。また、私たちは神様からの救いを見ます。

ジム・エリオットが天国についたら、そのように見えたと思います。彼の救い主は微笑んで、こう言ったと思います。「よくやったよ。あなたの死による実を見てごらん。あなたの妻と友達がもう一度アウカ族のところに行って、福音を述べ伝えたので、アウカ族はクリスチャンになった。それに、あなたを殺した人々もクリスチャンになったよ。あなたはよくやったよ。」

だから、どんな試練に直面しても、神様の陰に宿りましょう。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中