詩篇88篇‐‐神様の沈黙

ヨブがこの詩篇を書いたわけではないのですが、この詩篇を読むとき、私はヨブの話について考えます。なぜなら、この詩人は自分の苦しみの中にある神様の沈黙について話すから。でも実生活のように、この詩篇は、ハッピーエンドではありません。

詩人は叫びます。「神様。私の声に聞いてください。あなたはここにおられるでしょうか。私のトラブルで圧倒されています。私は病気で、死にかけています。もう私の力はなくなってしまった。」(1-5)

そして、詩人は、どうして神様がそのトラブルを送ったか尋ねて、文句を言います。何回も、詩人はどうのこうの言います。

「あなたは私を最も深い穴に置いておられます。」(6)

「あなたの激しい憤りが私の上にとどまります。」(7)

「あなたは私の親友を私から遠ざけ、私を彼らの忌みきらう者とされました。」(8)

そして、彼は叫びます。「私はあなたを呼んでいる。どうして、あなたは隠れているでしょうか。どうしてあなたは私を拒絶しているのでしょうか?私の生涯、ずっと苦しんでいます。私は独りぼっちです。」(13-18)

それは、この詩篇の終わりです。

希望の言葉も、慰めの言葉もありません。

でも、時々私たちもそう感じることがあるでしょう。もし、あなたそう感じたら、覚えていてください。たくさんの人々もそう感じたことがあります。あなただけじゃないです。

もちろん、この詩人はそう感じました。多分、すべてのクリスチャンはそう感じたことがあると思います。

ある人は諦めて、その穴を決して出なかった。でもそんな人のようにならないでください。

覚えていてください。あなたの信仰はあなたの感情に基づいてはならない。むしろ、神様の性格とみ言葉に基づいてはならない。

あなたの感情は時々揺るぐかもしれない。それは不安定の物です。だから、感情は信頼できない土台です。サタンはそのことをよく知っています。だから神様が沈黙するとき、サタンはあなたに絶望させようとします。あなたの信仰を奪おうとします。

私たちの感情はいつも変わります。でも、神様とその言葉は決して変わらない。あなたは神様の約束が信頼できます。だから、落ち込んでいる時、失望するとき、自分の感情に頼れずに、神様とその約束に頼ってください。

そうすれば、どんなに暗いトンネルを通っても、あなたは最終的には抜け出すことができるのです。

 

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中