詩篇87篇ーー神様の民

この詩篇はエルサレムについてですけど、この詩篇を読む時、私は神様の自分の民に対する愛がわかりますし、どのように神様が私たちのことを喜ぶかを見ることができます。

詩人はエルサレムについて歌います。

主は聖なる山に基を置かれる。

主は、ヤコブのすべての住まいにまさって、シオンのもろもろの門を愛される。

神の都よ。あなたについては、すばらしいことが語られている。セラ (1-3)

どうして神様はエルサレムを愛したのでしょうか。神様はエルサレムの城壁や、建物を愛したのではなく、エルサレムに住んでいた人々を愛しました。神様は彼らを自分の民として選んで呼びました。その愛によって神様がエルサレムを確立したので、周りの国民はそれを見て、感心しました。

そして、エルサレムの敵、ラハブ(つまり、エジプト)や、バビロンや、ペリシテでもいつかエルサレムの栄光を見て、神様を認めます。

その時、彼らは「その人はシオンで生まれた。その人もシオンで生まれた」と誇ります。(4)

それに、神様は彼らの名前を登録して、「この民はここで生まれた」と認めます。

この詩篇を読む時、私が考えるのは、これが教会のための神様の意図という事です。

教会は建物ではなく、神様の民です。そして、神様がエルサレムの人に愛を注いだように、私たちにも愛を注いでくださいます。

そして、神様の希望は、私たちが周りの人々に影響を与えることです。また、私たちを憎む人々でも、私たちを通して神様を知ることです。

そして、私たち皆は新しいエルサレムに着いたら、神様は命の書を指して、「私が確立した教会で、その人は生まれた。その人も。その人も。」と言います。

多分、誇りを持って、神様はそう言うでしょう。

そして、神様が命の書の名前のすべてを呼んだ後で、私たち皆は歌います。

私の泉はことごとく、あなたにある。(7)

言い替えれば、「主よ。あなたは私の命と愛と喜びの源です。」

私たちは神様の民です。神様は私たちを愛して、喜びます。でも、できるだけ、多くの人々を天国に連れて行きましょう。私たちは隠れることができない山の上にある町になりましょう。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中