詩篇85篇ーー悔い改めと憐れみ

この詩篇はいつ書かれたか誰も知らないけど、多分イスラエル人がバビロンへの追放の後に書かれたものだと思われます。

詩人はこう書いた。

主よ。あなたは御国に恵みを施し、ヤコブの繁栄を元どおりにされました。

あなたは、御民の咎を赦し、彼らのすべての罪を、おおわれました。セラ

あなたは、激しい怒りをことごとく取り去り、燃える御怒りを、押しとどめられました。(1-3)

イスラエル人がバビロンに70年いた後で、神様は彼らをエルサレムに帰らせました。多分、詩人は上記の箇所でそのことについて歌ったでしょう。それでも、イスラエル人はまだトラブルがありました。だから、詩人は願います。

われらの救いの神よ。どうか、私たちを生き返らせ、私たちに対する御怒りをやめてください。

あなたは、いつまでも、私たちに対して怒っておられるのですか。代々に至るまで、あなたの御怒りを引き延ばされるのですか。

あなたは、私たちを再び生かされないのですか。あなたの民があなたによって喜ぶために。

主よ。私たちに、あなたの恵みを示し、あなたの救いを私たちに与えてください。(4-7)

なぜ、詩人はそう祈ったでしょうか。ネヘミヤ記によれば、ユダヤ人がエルサレムに帰ったけど、城壁はまだ崩れていたので、彼らの敵はいつも攻撃しました。だからユダヤ人の人生は本当に大変でした。

だから、詩人は神様の憐みを願います。そして、詩人は本当に大切なことを言います。

私は、主であられる神の仰せを聞きたい。主は、御民と聖徒たちとに平和を告げ、彼らを再び愚かさには戻されない。

まことに御救いは主を恐れる者たちに近い。それは、栄光が私たちの国にとどまるためです。(8-9)

私たちはよく神様の憐みのために祈るけど、平和が悔い改める人のためであることを覚えていてください。もし、私たちは神様に背を向け、私たちを滅ぼした罪に戻ると、神様の憐みを期待できません。

もちろん、神様は私たちが完全な人になるまで私たちを憐れまないわけではない。でも、神様は私たちの心を望みます。神様は、私たちが古い道を行かずに、神様の道を行き始めることを見たいです。

たまに私が転ぶかもしれないけど、神様の道を行き続けたら、神様は私たちを拾って、私たちを導き続けます。そして、私たちは神様の祝福を知ります。

だから、詩人はこう書いた。

まことに、主は、良いものを下さるので、私たちの国は、その産物を生じます。

義は、主の御前に先立って行き、主の足跡を道とします。(12-13)

あなたはどうですか。悔い改めの道を歩んでいますか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中