詩篇77篇ーー捨てられた?

私は詩篇を読み通した時、同じテーマがよく繰り返すのに気づきました。つまり、時々詩人には、目が見えない神との関係が本当に難しいものであったのです。私にもそう考える時があるので、ちょっと慰められます。

詩篇77篇はそのような詩篇です。詩人は叫びます。

私は神に向かい声をあげて、叫ぶ。私が神に向かって声をあげると、神は聞かれる。

苦難の日に、私は主を尋ね求め、夜には、たゆむことなく手を差し伸ばしたが、私のたましいは慰めを拒んだ。(1-2)

どれぐらい私たちにはそんな経験があるでしょうか。私たちは神様に叫ぶけど、何も聞こえない。そして、悩んでいる心のせいで、私たちは寝られません。だから、詩人のように、私たちは訊き始めます。

「主は、いつまでも拒まれるのだろうか。もう決して愛してくださらないのだろうか。

主の恵みは、永久に絶たれたのだろうか。約束は、代々に至るまで、果たされないのだろうか。

神は、いつくしみを忘れたのだろうか。もしや、怒ってあわれみを閉じてしまわれたのだろうか。」セラ (7-9)

言い替えれば、「あなたは私を捨ててしまったでしょうか。私を諦めたでしょうか。私がもうだめだと思うでしょうか。」

でも、失望の中で、彼は叫びます。

「私の弱いのはいと高き方の右の手が変わったことによる。」

私は、主のみわざを思い起こそう。まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。

私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたのみわざを、静かに考えよう。

神よ。あなたの道は聖です。神のように大いなる神が、ほかにありましょうか。

あなたは奇しいわざを行なわれる神、国々の民の中に御力を現わされる方です。

あなたは御腕をもって、ご自分の民、ヤコブとヨセフの子らを贖われました。セラ

。。。あなたは、ご自分の民を、モーセとアロンの手によって、羊の群れのように導かれました。(10-15、20)

急に詩人は神様が彼を捨ててしまった考えを捨てます。彼は言います。「あなたが私を捨てるのが信じられない。なぜなら、あなたは私のために多くのことをしてくださったから。あなたは私を愛したので、私とあなたの民を贖ったし、羊のように私たちをこの良い土地に導いて下さった。その愛によって、私はあなたが私を捨てたという考え方を拒絶します。」

それは信仰です。私たちは神様が見えなくても、信じ続けます。その瞬間に私たちは神様の臨在が感じなくても、神様が私たちを捨てずに、私たちと共にいることを信じ続けます。

でもそれは盲信じゃないです。なぜなら、振り返る時、私たちの人生に神様の力と愛の事例が見えるから。だから、捨てれたと思う時、詩人のように、神様の慈しみを思い出し、以前、私たちと共におられた神が、まだ私たちと共におられることを思い出しましょう。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中