詩篇76篇ーー誉に値する神

ある聖書の学者たちは、この詩篇がヒゼキヤの時代に書いてあったと考えています。すなわち、アッシリヤの王セナケリブの事件の後に書かれた可能性があります。その学者たちが正しいかどうかわからないけど、この詩篇はその話に関係があるようです。

この詩篇では、神様がイスラエルを敵から救い出すために詩人は賛美します。彼は歌います。

神はユダにおいて知られ、御名はイスラエルにおいて大きい。

神の仮庵はシャレムにあり、その住まいはシオンにある。

その所で神は弓につがえる火矢、盾と剣、また戦いを打ち砕かれた。セラ (1-3)

そして詩人は、どのように神様がエルサレムを攻撃しようとした人々を滅ぼしたか歌います。10節は本当に興味深いです。

まことに、人の憤りまでもが、あなたをほめたたえ[る]。

どうすれば、人の憤りが神様をほめたたえられるでしょうか。多分その意味は、人々が神様に対する怒りがあり、神様と戦っても、神様が結局勝つので、神様の名前はほめたたえられるということです。だから、セナケリブは神様の名前をからかい、エルサレムを攻撃したけど、神様はその軍隊を滅ぼしたので、イスラエル人は神様をほめたたえました。

また、パロは「主とはいったい何者か。私がその声を聞いてイスラエルを行かせなければならないというのは。私は主を知らない。」と言って、イスラエル人を迫害したけど、神様がパロを低くして、イスラエル人を自由にしたので、周りの国々は神様の名前を恐れました。

だから、この詩篇を読む時、慰めも警告もあります。私たちが神様の手の中で休めば、神様は私たちを守り、助けてくださいます。しかし、神様に背くと、私たちは裁かれます。

でも、私たちがどう選択しても、神様の名前はほめたたえられます。だから、パウロはこう書いた。

それは、イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、すべての口が、「イエス・キリストは主である」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。(ピリピ2:10-11)

だから、私たちは自分自身にこう訊かなくてはならない。感謝と愛を持って、そのことを告白するでしょうか。もしかしたら、憤りをもって、苦々しい心からそう告白するでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中