詩篇74篇ーー憐れみのための願い

私には、いつこの詩篇が書かれたか分かりません。「アサフのマスキール(歌)」と書かれているけど、多分、アサフの子孫の歌という意味です。

なぜならこの詩篇では、主の宮の破壊について話すけど、アサフが生きる間はその宮はまだ建っていたから。(アサフはダビデ王や、ソロモン王や、レハブアム王の時代に生きていました。)

多分、この詩篇はネブカデネザルがエルサレムを攻撃して、ユダヤ人がバビロンに追放された後に書かれました。

詩人は、「もう私たちのしるしは見られません。もはや預言者もいません。」と書いたけど、多分エルサレムに預言者がいないという意味です。ダニエルとエゼキエルはバビロンにいたし、エレミヤはちょっとエルサレムに住み続けたけど、結局彼はエジプトに連れていかれました。

とにかく、この詩篇は憐みのための願いです。詩人は嘆きます。

神よ。なぜ、いつまでも拒み、あなたの牧場の羊に御怒りを燃やされるのですか。

どうか思い起こしてください。昔あなたが買い取られた、あなたの会衆、あなたがご自分のものである部族として贖われた民を。また、あなたがお住まいになったシオンの山を。

永遠の廃墟に、あなたの足を向けてください。敵は聖所であらゆる害を加えています。(1-3)

そして、詩人は宮の破壊を嘆くし、神様がいらっしゃらないことを嘆きます。

でも、12節に、彼は歌います。

確かに、神は、昔から私の王、地上のただ中で、救いのわざを行なわれる方です。

そして、13-17節で、彼は神様の力を思い出します。つまり、神様がどうやってこの世を造ったか、またどうやってイスラエル人をエジプトから救い出したか思い出します。

そして、もう一度神様の憐みを願います。

この詩篇では、興味深いポイントがあると思います。特に、神様の憐みについて学ぶことができると思います。

最も大切なポイントは、私たちが神様の憐みに値しないことです。詩人は「私たちが良い人だから、憐れんでください」と全然言わなかった。

むしろ、神様の名前の誉のために、神様の憐みを願います。詩人は尋ねます。

神よ。いつまで、仇はそしるのでしょうか。敵は、永久に御名を侮るのでしょうか。(10)

要するに、「イスラエルの敵があなたの宮を破壊したので、あなたの名前は汚された。周りの国民はもうあなたのみ名をもう誉めない。」

だから、詩人は祈ります。

神よ。立ち上がり、あなたの言い分を立ててください。愚か者が一日中あなたをそしっていることを心に留めてください。

あなたに敵対する者どもの声や、あなたに立ち向かう者どもの絶えずあげる叫びを、お忘れにならないでください。(22-23)

それに、詩人は神様の約束のゆえに、憐れみを願いました。この詩篇の最初に、彼は祈った。

どうか思い起こしてください。昔あなたが買い取られた、あなたの会衆、あなたがご自分のものである部族として贖われた民を。また、あなたがお住まいになったシオンの山を。(2)

要するに、「あなたは私たちを買い取られ、私たちがあなたのものとすると約束しました。あなたが私たちの間に住むことも約束しました。だから、その約束を思い出し、私たちを救ってください。」

最後に、神様の情けによって、詩人は憐みを願いました。彼は歌いました。

しいたげられる者が卑しめられて帰ることがなく、悩む者、貧しい者が御名をほめたたえますように。(21)

神様の憐みに値する人は一人もいません。それでも、神様は憐み深い方です。だから、神様が私たちを捨てられたと思う時、失望しないでください。むしろ、神様に向かい、憐れみを願いましょう。そうすれば、神様はユダヤ人を救ったように、私たちを救ってくださいます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中