詩篇108編‐‐勝利を思い出すこと

ちょっと108篇に飛びます。なぜなら、108篇に57篇と60篇の部分が入っているから。つまり、108篇1-5節は詩篇57篇の最後の部分から来るし、108篇6-13節は60篇の最後の部分から来ています。

108篇がその二つの詩篇のメドレーかどう分かりません。もしかしたら、ダビデはその二つの詩篇から、新しい詩篇を書いたかもしれない。でも、どうしてダビデはその二つの詩篇を混ぜたでしょうか。

私は二つ推測していることがあります。

一つ目は、ダビデは60篇を書いた時、同時に108篇も書いたということです。60篇の背景は、イスラエルが敵に敗れたので苦しんでいたことです。だから、ダビデは神様が洞穴でどのように彼をサウルから救い出したか思い出しました。多分彼は自分にこう言いました。「この敗戦には失望してはならない。神様が過去に何をしてくださったか思い出そう。もし、過去に神様が私を救い出したら、将来も神様は私を救い出してくださるだろう。」

二つ目は、108篇はその二つの事件の後に書かれたことです。つまり、ダビデは、振り返り、神様が何をしてくださったか思い出したので、神様を賛美しました。

そのように、私たちも過去の勝利を思い出したほうが良いです。特に、苦難の時に、過去の勝利を思い出したほうが良いです。

そして、神様が私たちを救い出した後、私たちは神様に感謝するべきです。

どうしてそうするべきでしょうか。

希望のためです。

苦しい時、勝利を思い出すことは私たちに希望を与えます。希望がないなら、試練に直面することは難しいです。

でも希望を持てば、どんな試練に直面しても、私たちは乗り越えられます。なぜなら、神様が私たちの味方で、私たちを助けてくださることを知っているから。

あなたはどんな勝利を経験したでしょうか。その勝利について書いてください。神様があなたの祈りを応えてくださるとき、そのことについて書いてください。それだけではなく、神様をほめたたえてください。

そうすれば、試練が来るとき、あなたは立つことができます。

 

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中