詩篇49篇ーーお金で買えない物

英語では、「Money makes the world go round」ということわざがあります。つまり、「金は天下の回りもの。」ということです。

お金がないと、私たちの社会は動きません。

でも、この詩篇では、詩人はもっと大切な真理を教えます。「お金で買えない物もあります。」

詩人はこう書いた。

人は自分の兄弟をも買い戻すことはできない。自分の身代金を神に払うことはできない。――たましいの贖いしろは、高価であり、永久にあきらめなくてはならない――人はとこしえまでも生きながらえるであろうか。墓を見ないであろうか。(7-9)

言い替えれば、お金で永遠の命を買うことができません。私たち皆は、お金持ちでも貧乏な人でも、賢い人でも愚か者でも、強い人でも弱い人でも、いつか死にます。そして、死ぬと、貯まったお金を天国に(または、地獄に)持って行けません。

だから、私たちのお金で、天国に入ることはできません。「天国への切符」を買えません。

なぜなら、私たちの罪によって、神様に対する負債があるから。でも、この世界のお金のすべてを持って行っても、私たちの負債を支払えない。

神様だけが、その代価を支払うことができます。だから、神様自身は人間として、この世に来て、私たちの負債を支払いました。でも、お金を使わずに、十字架で自分の血を流しました。

びっくりするのは、この詩人がイエス様について全然知らなかったのに、彼がその真理を知っていたという事です。彼はこう書いた。

しかし神は私のたましいをよみの手から買い戻される。神が私を受け入れてくださるからだ。(15)

イエス様が生まれる何百年も前に、神様が私たちを贖なうので、私たちが永遠に神様と共にいる確信が詩人にはありました。だから、彼はこう書いた。

恐れるな。人が富を得ても、その人の家の栄誉が増し加わっても。

人は、死ぬとき、何一つ持って行くことができず、その栄誉も彼に従って下っては行かないのだ。

彼が生きている間、自分を祝福できても、また、あなたが幸いな暮らしをしているために、人々があなたをほめたたえても。

あなたは、自分の先祖の世代に行き、彼らは決して光を見ないであろう。(16-19)

あなたはどうですか。金持ちをねたんでいるでしょうか。あなたは富を求めているでしょうか。もしくは、あなたにはお金がたくさんあるけど、まだ満足していないでしょうか。もっともっとお金を儲けたいでしょうか。

詩人の言葉を覚えていてください。

人はその栄華の中にあっても、悟りがなければ、滅びうせる獣に等しい。(20)

お金や、富を持つことは悪いことじゃないです。この世では、また、神様の国のために、私たちはお金でたくさんの良いことができます。でも、お金は一番大切な物じゃないです。もっと大切なものがあります。

だから覚えていてください。きっと、お金で買えない物があります。

 

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中