詩篇47篇ーー歌って、叫ぼう

3年ほど前、茨木市に電車で通勤した時、私はワーシップの歌を聞き、歌いました。もちろん声を出さなかったけど、聞きながら私の口は動いていた。その時、隣の人から変な顔をされました。(日本人はそういうことはないんでしょうか。)

とにかく、気にせずに私は歌い続けました。

その前の日曜日、私の牧師は大胆に叫ぶや歌うことについて話しました。彼は訊いた。「もしあなたが、阪神タイガーズの試合を見る時、「ファイト。ファイト。」と囁くでしょうか。違うでしょう?あなたは「ファイト!ファイト!」と叫ぶでしょう。」

とにかく、この詩篇を読んだ時、そのことについて考えました。この詩篇は囁くことができないと思います。こんな詩篇を叫び、大きな声で歌わなくてはならないと思います。

すべての国々の民よ。手をたたけ。喜びの声をあげて神に叫べ。(1)

また、

神にほめ歌を歌え。ほめ歌を歌え。われらの王にほめ歌を歌え。ほめ歌を歌え。(6)

詩人の熱心はよく見える。一節に、彼は「神様にほめ歌を歌え」と4回言います。

どうして、彼はそんなに盛り上がっているでしょうか。どうして、そんなに喜んでいるでしょうか。なぜなら、神様は大いなる神だから。

まことに、いと高き方主は、恐れられる方。全地の大いなる王。(2)

また、神様は素晴らしいことをしたから。

国々の民を私たちのもとに、国民を私たちの足もとに従わせる。

主は、私たちのためにお選びになる。私たちの受け継ぐ地を。主の愛するヤコブの誉れを。(3-4)

この詩篇では、詩人は神様がイスラエル人を約束の地に導いてくださったことについて話しています。

でも、神様は私たちクリスチャンにも勝利を与えてくださいました。サタンに対する勝利を与えてくださいました。罪に対する勝利を与えてくださいました。また、死に対する勝利を与えてくださいます。

神様の愛によって、私たちには天国にある遺産があります。それに、この世にも、あなたの人生が生きがいがあるものになります。

だから、パウロはこう書いた。

まさしく、聖書に書いてあるとおりです。「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。神はこれを、御霊によって私たちに啓示されたのです。(第一コリント2:9-10)

だから、叫び、大きな声で歌うのは、当たり前のことでしょう?

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中