詩篇50篇ーー神様についての二つの誤解

この詩篇の内容は、預言書の内容に似ています。そして、この箇所で、私たちは神様についての二つの誤解を見ます。

最初の部分では、神様は裁判所に入って、被告を喚問します。その被告は誰でしょうか。モーセの律法の下にあるイスラエル人です。

でも、ある日、私たちもキリストのさばきの座に行かなくてはなりません。この詩篇の警告に注意するべきです。

最初の神様についての誤解は、神様は宗教的な儀式だけを望むことです。つまり、神様は供え物やいけにえだけを望みます。でも、神様はイスラエル人にこう言いました。

わたしは、あなたの家から、若い雄牛を取り上げはしない。あなたの囲いから、雄やぎをも。

森のすべての獣は、わたしのもの、千の丘の家畜らも。

わたしは、山の鳥も残らず知っている。野に群がるものもわたしのものだ。

わたしはたとい飢えても、あなたに告げない。世界とそれに満ちるものはわたしのものだから。

わたしが雄牛の肉を食べ、雄やぎの血を飲むだろうか。(9-13)

言い替えれば、「あなたは供え物やいけにえを捧げるけど、その目的が分かっていない。私は餓えていない。私は貧しくない。私は何もいらない。全ての物はもう私の物だから。もし食べ物が欲しかったら、私は自分で取りに行く。でも実は、私は決して食べ物を必要としない。私の空腹を満たすために、その供え物といけにえを要求することはない。」ということです。

そして、神様はイスラエルから何を望むか伝えます。

感謝のいけにえを神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。

苦難の日にはわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。あなたはわたしをあがめよう。(14-15)

つまり、「感謝の心を望みます。あなたの神として、あなたのニーズを備える方として、あなたの救い主として私を認めていなさい。自分自身のために生きるのを止めなさい。自分の力と知恵によって生きるのを止めなさい。」ということです。

そして、神様は彼らを厳しく責めました。なぜなら、周りの人たちが見ると、表面的には彼らが敬虔に見えたからですが、実は、心の中で彼らは神様を侮ったから。神様は彼らにこう言いました。

しかし、悪者に対して神は言われる。「何事か。おまえがわたしのおきてを語り、わたしの契約を口にのせるとは。

おまえは戒めを憎み、わたしのことばを自分のうしろに投げ捨てた。

おまえは盗人に会うと、これとくみし、姦通する者と親しくする。

おまえの口は悪を放ち、おまえの舌は欺きを仕組んでいる。

おまえは座して、おのれの兄弟の悪口を言い、おのれの母の子をそしる。(16-20)

言い替えれば、「あなたは正しいことを言うし、私を敬う言葉を言います。でもそのあとで、あなたは自分の道を行きます。」ということです。

多くのクリスチャンはその通りです。日曜日に、彼らは教会に行き、祈ったり、賛美したりするけど、月曜日から土曜日まで、自分が好きなように生きます。

神様はあなたの宗教的な外見に感動しません。あなたがどんなに教会に通っても、それだけでは感動しません。あなたがたくさんの献金を捧げても、感動しません。たくさん聖書の箇所を暗記しても、心を動かされることはありません。

神様はあなたの心を望みます。神様があなたの心を持たないなら、あなたは神様を喜ばせることはできません。

そして、神様は二つ目の誤解について話します。

こういうことをおまえはしてきたが、わたしは黙っていた。わたしがおまえと等しい者だとおまえは、思っていたのだ。わたしはおまえを責める。おまえの目の前でこれを並べ立てる。

神を忘れる者よ。さあ、このことをよくわきまえよ。さもないと、わたしはおまえを引き裂き、救い出す者もいなくなろう。(21-22)

つまり、「あなたが悪いことを行う時、私は何も言わなかった。だから、あなたは私があなたの行動を認めると思った。実は、私は忍耐して、あなたの悔い改めのために待っている。でも、悔い改めないと、あなたには裁きが下る。その時、悔い改める機会はもうなくなってしまう。」ということです。

そして、神様は最初の言葉に戻ります。

感謝のいけにえをささげる人は、わたしをあがめよう。その道を正しくする人に、わたしは神の救いを見せよう。(23)

この箇所から、私たちは何を学ぶことができますか。救いを得るために、最初のステップは神様を神様として認めることです。私たちが神様から独立した人として生きることを止めなくてはならない。

むしろ、感謝を持って、へりくだりに神様の前に生きるべきです。そうすれば、キリストにあっての救いのために私たちの心が整えられます。

裁きの日が来ます。だからヤコブはこう言いました。

主の御前でへりくだりなさい。そうすれば、主があなたがたを高くしてくださいます。(ヤコブ4:10)

 

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中