詩篇46篇ーー私たちの周りにカオスがある時

カオス。

子供が叫んだり、主人が病気だったり、締切があったり、八方からプレッシャーがかけられたりします。

そんな経験があったことがあるでしょうか。

人は誰でも人生の混乱を経験します。時々、全世界が私たちの上に落ちてくるように感じます。

それに、私たちがニュースを見る時、戦争の話や、天災の話やよく聞きます。

だから、私たちは神様がだんだん見えなくなって、パニックになってしまいます。また嵐にいたペテロのように私たちは溺れ始めます。

詩人の言う解決は何でしょうか。

やめよ。わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる。(10)

つまり、ちょっと止まってください。あなたの状況を見るのを止めて、ちょっと神様を仰いでください。あなたの問題の大きさについて考えずに、神様の大きさについて考えてください。そうすれば、何が分かるようになるでしょうか。

神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。

それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。

たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、その水かさが増して山々が揺れ動いても。(1-3)

私たちが見回ったら、

国々は立ち騒ぎ、諸方の王国は揺らいだ。(6)

しかし、

万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらのとりでである。(7,11)

私たちが自分の問題に焦点を当てると、私たちはよく神様がすべてのことをコントロールすることを忘れてしまいます。神様の力はすべての問題を乗り越える。神様が声をかけたら、この世は解けるだろう。神様は「終わり」と言ったら、すべての戦争が終わり、すべての人々が裁かれます。

だから、主の前に静まりましょう。私たちの恐れを静めましょう。私たちの疑問を止めましょう。そして、神様の大きさを見てください。

神様は私たちの中にいて、私たちは倒れることがありません。神様が私たちを助けてくださることを信じてください。神様の御霊は川のように私たちの中で流れ、私たちの人生の中で働いて、私たちを通して周りの人々に触れます。

だからあなたは、どんな問題に直面しても、神様の喜びと平和を知ります。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中