詩篇45篇ーーイエス様と結婚すること

この詩篇のタイトルは、「愛の歌」と書かれています。多分、この歌は王の結婚式で歌われました。

この歌は人間の王の結婚式のためだったけど、この歌で、王の王イエス様の結婚式も見えます。

私たちはキリストの花嫁と呼ばれます。この詩篇で、私たちの花婿イエス様を見るし、花嫁としてどうやって私たちがイエス様に反応するべきか見ます。

この詩篇の最初の部分は王について話します。その言葉によって、イエス様のいろんな描写が見ます。例えば、イエス様は恵みの方です。

あなたは人の子らにまさって麗しい。あなたのくちびるからは優しさが流れ出る。神がとこしえにあなたを祝福しておられるからだ。(2)

またイエス様は勇士です。

雄々しい方よ。あなたの剣を腰に帯びよ。あなたの尊厳と威光を。

あなたの威光は、真理と柔和と義のために、勝利のうちに乗り進め。あなたの右の手は、恐ろしいことをあなたに教えよ。

あなたの矢は鋭い。国々の民はあなたのもとに倒れ、王の敵は気を失う。(3-5)

また、イエス様は私たちの王です。

神よ。あなたの王座は世々限りなく、あなたの王国の杖は公正の杖。

あなたは義を愛し、悪を憎んだ。それゆえ、神よ。あなたの神は喜びの油をあなたのともがらにまして、あなたにそそがれた。(6-7)

へブル人への手紙の著者はイエス様について話した時、6-7節を引用しました。(へブル1:8-9)

そして、詩人はキリストの花嫁である私たちに話します。

娘よ。聞け。心して、耳を傾けよ。あなたの民と、あなたの父の家を忘れよ。(10)

その言葉は創世記から来ます。神様は結婚についてこう言いました。

それゆえ男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。(創世記2:24)

創世記の箇所は特に男性について話すけど、この詩篇によれば、女性もそうするべきです。

そのように、私たちはイエス様と結婚すると、私たちはキリストとの結びを邪魔するものを捨てなくてはならない。

私はクリスチャン・ホームで育ったけど、ある人はクリスチャンになると、その親たちと喧嘩します。また、ある人は、友達から離れなくてはならない。なぜなら、その友達が、その人を神様から引き離そうとするから。

もちろん、それは極端的な状態です。理想を言えば、私たちにそんな必要はないと言いたいところです。私たちの証しによって彼らがキリストを求めるようになれば、それも理想的です。

でも時々、私たちは「すみません。私はあなたが行く道を行くことができません。私はイエス様に従うから。」と言わなくてはならない。

そして、詩篇の著者は花嫁にこう言いました。

そうすれば王は、あなたの美を慕おう。彼はあなたの夫であるから、彼の前にひれ伏せ。(11)

それはどんな美しさでしょうか。体の美しさでしょうか。違います。ペテロはクリスチャンの妻たちにこう言いました。

むしろ、柔和で穏やかな霊という朽ちることのないものを持つ、心の中の隠れた人がらを飾りにしなさい。これこそ、神の御前に価値あるものです。(第一ペテロ3:4)

私たち皆、そんな美しさが必要です。

また、イエス様が私たちの主なので、生涯イエス様を敬わなくてはならない。

そして、詩人は歌います。

王の娘は奥にいて栄華を窮め、その衣には黄金が織り合わされている。

彼女は綾織物を着て、王の前に導かれ、彼女に付き添うおとめらもあなたのもとに連れて来られよう。

喜びと楽しみをもって彼らは導かれ、王の宮殿に入って行く。(13-15)

どうして、花嫁には栄華があるでしょうか。なぜなら、その王は彼女を選び、きれいな着物を着させ、美しくしたから。

イエス様は私たちのために同じことをしました。イエス様は、

教会を愛し、教会のためにご自身をささげられた。。。みことばにより、水の洗いをもって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、ご自身で、しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の教会を、ご自分の前に立たせるためです。(エペソ5:25-27)

私たちがそのような花嫁になるように。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中