詩篇42-43–あなたが落ち込んでいる時

私たち皆は、鬱状態になることがあります。時々、私たちは落ち込んで、希望がないと思います。

この2つの詩篇の詩人もそう感じました。彼は本当に心を打つ描写を使います。

鹿が谷川の流れを慕いあえぐように、神よ。私のたましいはあなたを慕いあえぎます。

私のたましいは、神を、生ける神を求めて渇いています。(42:1-2)

アダム・クラークという聖書学者は、この箇所について興味深いことを言いました。

鹿は追いかけられて、本当に疲れて、のどが渇いた時、川に飛び込んで隠れます。その鼻だけが出ています。

私たちも時々そう感じます。私たちは八方から攻撃されて、私たちは疲れてしまいます。だから、私たちは疲れ、恐れているので、神様を慕いあえぎ、神様の腕の中に飛び込みます。

でも、時々、どこに見ても、私たちは神様を見つけられない。詩人のように私たちは叫びます。

いつ、私は行って、神の御前に出ましょうか。(2)

また、詩人のように、私たちは食事を楽しまなくなるし、涙が私たちの食べ物になります。

そして、私たちは良い時を思い出します。

その時、教会に行って、友達と一緒に喜びました。また、私たちが祈った時、神様は近くて、神様に触れると思いました。

でも今、嵐の中で私たちは溺れていると思います。何回も大波が私たちの上を越えて行き、希望がなくなります。

時々、私たちは自分自身を励まそうと思って、詩人のようにこう言います。

わがたましいよ。なぜ、おまえはうなだれているのか。私の前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。御顔の救いを。私の神よ。(42:5-6)

でも、すぐに落ち込んで、私たちは神様に尋ねなす。

なぜ、あなたは私をお忘れになったのですか。(9)

この箇所から、私たちは何を学ぶことができますか。

一つ目は、あなたが普通の人間であることです。その感情を経験する人は、あなただけじゃないです。

サタンはよく言う嘘は、「あなただけです。」ということです。

「そんな経験をするのはあなただけだ。あなただけが心の中で苦しむのだ。」

だから、私たちは恥ずかしくなります。他の人には自分の感情など分からない、と思います。

でも、この詩人は分かりました。だから、神様はこの詩人がこの詩篇を書いてほしかった。

この詩篇によって、私たちは思い出します。「私だけじゃない。他の人も私の戦い、私の苦しみが分かってくれる。」

だから、私たちはどうしたら良いでしょうか。

一つ目は、神様の良さを信じ続けることを選択することです。41-42篇で、詩人は3回言います。

わがたましいよ。なぜ、おまえはうなだれているのか。私の前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。御顔の救いを。私の神よ。

神様があなたの神であることを思い出してください。神様があなたを愛して、御子イエス様を私たちを救うために送ったことを思い出してください。

過去のあなたに対する神様の慈しみも、思い出してください。その時、神様があなたを救い出したことを思い出してください。そして詩人のように歌ってください。

昼には、主が恵みを施し、夜には、その歌が私とともにあります。(42:8)

つまり、あなたが良い時の光の中にいても、悪い時の暗闇にいても、神様はあなたを決して捨てないということです。あなたが神様の臨在を感じなくても、神様はあなたのそばにおられます。

だから、詩人のように祈ってください。

どうか、あなたの光とまことを送り、私を導いてください。あなたの聖なる山、あなたのお住まいに向かってそれらが、私を連れて行きますように。(43:3)

つまり、「主よ。あなたのことが見えないし、あなたが私をどこに導いているか分かりません。だから、あなたの光を私の上に照らしてください。私がどこに行くべきか教えてください。あなたが私を捨てた嘘を私が信じないように。あなたの所に私を導いて下さい。」ということです。

もう一つ、言いたいことがあります。

あなたが落ち込んでいる時、あなたのクリスチャンの友達に教えてください。彼らは不完全な人だけど、この世にあるキリストの体として、彼らがキリストの手、足、口、と耳である事を覚えていてください。

そうすると、あなたが一人ぼっちじゃないと分かります。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中