詩篇41篇ーー人を憐れむこと

この詩篇は、詩篇の第一巻の最後の歌です。(詩篇には、5巻があります。)

ダビデは1節でこう書いた。

幸いなことよ。弱っている者に心を配る人は。主はわざわいの日にその人を助け出される。(1)

イエス様はその言葉をこう言い替えました。

あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。(マタイ5:7)

憐れみというのは、何でしょうか。二つのニュアンスがあります。

一つ目は、弱い人や、病気な人や、貧しい人に情けをかけることです。

二つ目は、罰に値する人を罰しないことです。

この詩篇では、私たちは両方の意味が見えます。

1-3節で、ダビデは、もしあなたが弱い人を憐れむなら、あなたが弱い時、神様があなたを憐れむと言います。

でも、4節で、ダビデは叫びます。

主よ、あわれんでください。私のたましいをいやしてください。私はあなたに罪を犯したからです。

ダビデのように、私たちはよく神様の憐みのために祈ります。でも、どれぐらい私たちは周りの人々を憐れむでしょうか。

どれぐらいダビデの敵のように、私たちは私たちを傷つける人々の悪口を言うでしょうか。

彼らが苦しむ時、どれぐらい私たちは「それは良いです。その苦しみに値するから。」と言うでしょうか。

どれぐらい、私たちは彼らについて噂したり、彼らの悪さを大げさに言ったりするでしょうか。(5-9)

またどれぐらい、私たちの友達が苦しむ時、私たちはヨブの友達のように彼らを慰めずに、責めるでしょうか。どれぐらい、私たちは「あなたは罪を犯したので、苦しんでいるのでしょう。」と言うでしょうか。また、どれぐらい、「もしもっと信仰を持てば、きっと癒されるでしょう。」と言うでしょうか。

ダビデにとっても、人を憐れむことは難しいことでした。詩篇の中で、ダビデは何回も自分の敵を責めるし、呪います。

皮肉なことだけど、この詩篇でも、ダビデは言います。

しかし、主よ。あなたは私をあわれんでください。私を立ち上がらせてください。そうすれば私は、彼らに仕返しができます。(10)

私たちはダビデの言葉を正当化する必要がないです。詩篇は感情の正直な表現です。しかし覚えていてください。ダビデは自分の怒りとフラストレーションを詩篇で表したけど、正義だけで行動しました。

私たちも怒って、フラストレーションを感じるかもしれない。でも、神様が私たちを憐れんだように、私たちは人々を憐れまなくてはならない。

そして、神様が私たちが弱い時に私たちを助けたように、私たちも弱い人を助けなくてはならない。(ローマ5:6-8)

あなたはどれぐらい周りの人を憐れむでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中