詩篇31篇ーー自分自身を神様の手に委ねること

いつダビデがこの詩篇を書いたか分かりませんけど、サウルから逃げた時、書いたかもしれません。私は21節を見ると、ダビデがケイラという町から逃げた時に(第一サムエル記23章)、この詩篇を書いたのかもしれない思います。でも、それはただ私の意見なだけです。

私の心を打つのは、ダビデが神様の助けを請いながら、何回も彼が神様に対する信頼を宣言するということです。

彼はこう言った。

私の霊を御手にゆだねます。真実の神、主よ。あなたは私を贖い出してくださいました。(5)

また、

しかし、主よ。私は、あなたに信頼しています。私は告白します。「あなたこそ私の神です。」

私の時は、御手の中にあります。(14-15)

私たち皆、何かしら苦しむ時を経験します。その時、自分自身だけに信頼することは簡単なことです。私たちは自分の状況をコントロールしようとします。

でも、生きようが死のうが、ダビデは自分の命を神様に委ねました。

彼はこう言った。「私の命はあなたの手にあります。周りの人々は私を殺そうとしているけど、あなたが私を生かし続けたいなら、彼らは成功しない。だからたとえ私が死ぬことになっても、自分の状況をコントロールしません。」

第一サムエルによれば、ダビデには自分の状況をコントロールする機会が二つありました。ダビデはサウルを殺す機会が二つあったけど、殺すことを拒絶しました。

イエス様は十字架で、その態度を示しました。つまり、イエス様は自分の命を天の父の手に委ねました。

この詩篇はメシアについての詩篇じゃないけど、ダビデの言葉でイエス様の経験もよく見えます。

ダビデのように、イエス様は悲しみをよく知っていました。苦しみも良く知っていました。(10)

ダビデのように、イエス様は非難されました。(11)

ダビデのように、イエス様は友達に捨てられました。(11-12)

ダビデのように、人々はイエス様を謗って、殺そうと思いました。(13)

ダビデのように、イエス様は天の父に叫んだ。「どうして、あなたは私を捨てただろう?」(22)

でも、ダビデのように、イエス様は自分の状況をコントロールしようと思いませんでした。むしろ、自分の命を天の父の手に委ね、死ぬ前に言いました。「私の霊を御手にゆだねます。」(5)

イエス様が天の父に従ったので、今私たちには希望があります。その希望は、もし私たちが神様に信頼するなら、結局私たちは恥を見ない、ということです。(17)

また、神様が私たちに慈しみを与えてくださる希望があります。(19)

また、私たちの救いの希望があります。(22-23)

だから、ダビデのように叫びましょう。

雄々しくあれ。心を強くせよ。すべて主を待ち望む者よ。(24)

神様に心から信頼しましょう。

 

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中