詩篇30篇ーー神様が私たちを懲らしめると

この詩篇のタイトルによれば、この詩篇は「主の」家を捧げる歌でした。

多分、自分のプライドによってダビデがイスラエルの人口を数えた罪を犯した後、彼はこの詩篇を書きました。(歴代誌第一21章;歴代誌第二3章1節)

神様はその罪のために、ダビデとイスラエルを懲らしめました。つまり、イスラエルに疫病を下されました。聖書で書かれていないけどその時、多分ダビデも病気になったと思います。

この詩篇では、私たちは神様からの懲らしめに対するダビデの反応を見ます。

ダビデは癒された後、神様を賛美します。

主よ。私はあなたをあがめます。あなたが私を引き上げ、私の敵を喜ばせることはされなかったからです。

私の神、主よ。私があなたに叫び求めると、あなたは私を、いやされました。

主よ。あなたは私のたましいをよみから引き上げ、私が穴に下って行かないように、私を生かしておかれました。(1-3)

そして、ダビデは、どうして神様が彼を打ったか説明します。

私が栄えたときに、私はこう言った。「私は決してゆるがされない。」(6)

その時、ダビデの安心は、神様から来なかった。むしろダビデは、自分の力、また、自分の軍隊を信頼しました。だから、彼はその兵隊を数えました。でも、ダビデが懲らしめられた後、ダビデは本当の安全がどこから来るか分かるようになった。

主よ。あなたはご恩寵のうちに、私の山を強く立たせてくださいました。あなたが御顔を隠され、私はおじ惑っていましたが。(7)

だから、ダビデは主の前にへりくだりました。彼は振り返る時、こう言いました。

主よ。私はあなたを呼び求めます。私の主にあわれみを請います。

私が墓に下っても、私の血に何の益があるのでしょうか。ちりが、あなたを、ほめたたえるでしょうか。あなたのまことを、告げるでしょうか。

聞いてください。主よ。私をあわれんでください。主よ。私の助けとなってください。(8-10)

神様はダビデの悔い改めを見ると、ダビデを憐れんで、赦しました。だから、ダビデは神様を賛美しました。

あなたは私のために、嘆きを踊りに変えてくださいました。あなたは私の荒布を解き、喜びを私に着せてくださいました。

私のたましいがあなたをほめ歌い、黙っていることがないために。私の神、主よ。私はとこしえまでも、あなたに感謝します。(11-12)

私たちは何を学ぶことができますか。

最初に、何かをはっきりと言いたいです。

もしあなたが病気なら、神様はあなたの罪のために懲らしめているかもしれないけど、そうではない時もあります。例えば、ヨブは本当に苦しんでいたけど、その時、神様は彼を罰していなかった。他の理由のために彼は苦しんでいた。

でも時々、私たちが悪い道を行きはじめるので、神様は病気を通して私たちを止めます。だから、あなたが病気の時、またあなたにトラブルがある時、「神様、私の心の中には罪があるでしょうか」と祈った方が良いです。

そして、神様があなたの罪を表したら、ダビデのようにへりくだって悔い改めなくてはならない。でも、神様が何も表さないと、多分のその病気やトラブルには他の原因があります。

なぜ私はそう考えるのでしょうか。なぜなら、神様は私たちが苦しむことを喜ばないから。もし、私たちが悔い改めるために苦しみを送ったら、私たちが悔い改めると、神様はすぐに赦します。

神様は「もし、自分の罪が分からないなら、私はあなたに伝えない」と全然言いません。

また、神様は「あなたがこの経験から学んで、もうその罪を犯さないためにあなたをもっと苦しませよう」と言いません。

むしろ、ダビデはこう書いた。

まことに、御怒りはつかの間、いのちは恩寵のうちにある。夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。(5)

思い出してください。神様は私たちを憎むので懲らしめるわけではなく、私たちを愛するので、懲らしめます。

だから懲らしめられる時、へりくだって悔い改めましょう。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中