詩篇26篇ーー恵みによって、神様の御前に聖いもの

もう一度、いつダビデがこの詩篇を書いたか知りたいです。サウロから逃げた時、この詩篇を書いただろうか。もしくは、アブサロムから逃げた時、この詩篇を書いただろうか。もしくは、他の時、この詩篇を書いただろうか。

ダビデの言葉を見ると、多分、多くの人々は彼がサウロから逃げた時、この詩篇を書いたと思うでしょう。なぜなら、彼はこう書いたから。

私を弁護してください。主よ。私が誠実に歩み、よろめくことなく、主に信頼したことを。

主よ。私を調べ、私を試みてください。私の思いと私の心をためしてください。

あなたの恵みが私の目の前にあり、私はあなたの真理のうちを歩み続けました。(1-3)

ウリヤとバテ・シェバの事件の後、ダビデはその言葉を書くことができただろうか。その事件の前、つまり、サウロから逃げた時、その言葉はもっと言いやすかっただろうと思います。

それでも、ダビデはバテ・シェバとの罪の後で、この詩篇を書いたかもしれない。

でも、その罪の後で、どうしてダビデはそんな言葉が言えたでしょうか。彼は本当に酷い罪を犯しました。

なぜなら、彼は神様の赦しの深さをよく分かったから。つまり、神様の赦しと憐れみによって、ダビデは雪よりも白くなりました。神様は彼の罪を本当に除いて清めました。(詩篇51)

だから、彼が「私は誠実に歩む」と言う時、その意味は彼が決して罪を犯していないという事ではありません。むしろ、神様が彼の罪を除いてきよめたことによって、ダビデはその言葉を言うことができました。(エレミヤ書31:34)

神様の憐みによって、ダビデは正しい道に戻っていました。また、彼は神様が計画した通りにもう一度生きはじめました。だから、ダビデは神様をほめたたえました。

主よ。私は手を洗ってきよくし、あなたの祭壇の回りを歩きましょう。

感謝の声を聞こえさせ、あなたの奇しいみわざを余すことなく、語り告げましょう。(6-7)

また確信を持って、彼は言いました。

私の足は平らな所に立っています。(12)

時々、私たちは振り返って、自分の失敗を思い出します。私たちの罪を思い出します。そして、サタンは私たちを責めます。「ほら、あなたは絶対だめです。あなたの人生は本当にめちゃくちゃになった。」

でも、その時、私たちは恥ずかしくなくて、サタンにこう言える。「それはそうです。でも、神様が私の罪を赦してくださり、神様はもうその罪を思い出しません。神様が私を責めないので、あなたには私を責める権利がないです。だから黙って、出ていきなさい。私は神様の子です。私はもう赦されました。また、神様の目に私は聖いものです。」

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中