詩篇25篇ーー神様に叫ぶこと

私は、よくダビデの歌の背景を知りたいです。時々、ある詩篇のタイトルで、その背景が書かれています。でも、この詩篇では、私たちはその背景を知りません。

この詩篇で、ダビデはトラブルの中で神様に叫びます。彼はこう歌いました。

主よ。私のたましいは、あなたを仰いでいます。

わが神。私は、あなたに信頼いたします。(1-2)

つまり、「私のすべてをあなたに奉げます。私のすべてはあなたの物です。あなたに信頼するから。」

その言葉を言う事は簡単なことです。でも、その言葉を生きるのは難しいことです。私はよく神様に奉げたものを取り戻します。多くの場合、私は信仰を持たないので、神様に信頼しません。

でも、私は失敗しても、ダビデのようにその言葉を叫びます。

そして、ダビデはこう祈りました。

主よ。あなたの道を私に知らせ、あなたの小道を私に教えてください。

あなたの真理のうちに私を導き、私を教えてください。あなたこそ、私の救いの神、私は、あなたを一日中待ち望んでいるのです。(4-5)

この箇所では、私たちはダビデの謙遜な態度を見ます。私たちはしばしば全てのことを知っている態度を持っています。神様に相談する必要がないと思います。

でも、ダビデはへりくだって、神様に言いました。「私はすべてのことを知りません。最も良い道を知りません。だから教えてください。導いて下さい。」

どうして、ダビデは神様の道を求めたでしょうか。なぜなら、ダビデは神様を愛し、喜ばせたかったから。だから、彼は「あなたは救いの神です。あなたを待ち望む。」と言いました。

そして、ダビデは請いました。

主よ。あなたのあわれみと恵みを覚えていてください。それらはとこしえからあったのですから。

私の若い時の罪やそむきを覚えていないでください。あなたの恵みによって、私を覚えていてください。主よ。あなたのいつくしみのゆえに。。。

主よ。御名のために、私の咎をお赦しください。大きな咎を。(6-7,11)

ダビデはアブサロムから逃げた時、この言葉を書いたのでしょうか。もしそうなら、多分、バテ・シェバとの罪について考えたかもしれない。神様はダビデを赦したけど、その罪は結局ダビデを追放に導きました。だから、ダビデは祈った。

「私の咎は大きかったけど、赦して下さい。あなたの赦しに私は値しないけど、あなたの恵みと憐れみによって赦してください。」

多くの場合、私が振り返る時、私たちの罪は神様に赦されたけど、結局その罪が私たちのトラブルを起こしたと分かります。その時、私たちは、「神様は本当に私を赦しただろうか。」と思います。

でも、私たちが心から悔い改めたら、神様は私たちをきっと赦してくださいました。そして、私たちが赦しに値しないのに、裁きの日に、神様は私たちに憐れみを与えてくださいます。それでも、神様は、この世に罪の結果を取り去らないかもしれない。しかし、ダビデの時と同じように、神様は私たちと共にいて、支えてくださいます。

だからダビデは歌いました。

主は、いつくしみ深く、正しくあられる。それゆえ、罪人に道を教えられる。

主は貧しい者を公義に導き、貧しい者にご自身の道を教えられる。

主の小道はみな恵みと、まことである。その契約とそのさとしを守る者には。(8-10)

つまり、私たちが罪を犯しても、神様を求め続けたら、神様は私たちを決して諦めない。神様は私たちを導き続け、教え続けます。

もちろん、私たちはダビデと大きな違いがあります。それは、私たちがモーセの律法の下に生きていないことです。だから、私たちが罪を犯しても、神様の私たちに対する愛と忠実さは決して変わりません。だからパウロはこう書きました。

私たちは真実でなくても、彼は常に真実である。彼にはご自身を否むことができないからである。(第二テモテ2:13)

そして、ダビデは神様の守りのために祈りました。

私のたましいを守り、私を救い出してください。私が恥を見ないようにしてください。私はあなたに身を避けています。

誠実と正しさが私を保ちますように。私はあなたを待ち望んでいます。(20-21)

だから、ダビデはこの詩篇を始めたように、この詩篇を終えます。彼は自分の魂を神様の手に委ね、神様を待ち望みました。

試練の中で、私たちもそのようにしましょう。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中