詩篇17篇ーー神様のようになる事

ダビデが困った時、つまり、人々が彼を殺そうとしたとき、彼はこの詩篇を書きました。

何回も、人々はダビデを殺そうとしたけど、ダビデは決して彼らのレベルに降りなかった。つまり、ダビデは、彼らのようになることを拒絶しました。彼はこう書いた。

あなたは私の心を調べ、夜、私を問いただされました。あなたは私をためされましたが、何も見つけ出されません。私は、口のあやまちをしまいと心がけました。人としての行ないについては、あなたのくちびるのことばによりました。私は無法な者の道を避けました。私の歩みは、あなたの道を堅く守り、私の足はよろけませんでした。(3-5)

私たちは、よく、「私には選択などない。私を憎む人を扱うなら、ルールをちょっと曲げなくてはならない。そうしないと、彼は私をずっとひどく扱うことになるだろう。」と思います。

でも、ダビデは神様の言葉に従い続け、復讐を神様の手に委ねました。彼は叫んだ。

神よ。私はあなたを呼び求めました。あなたは私に答えてくださるからです。耳を傾けて、私の申し上げることを聞いてください。あなたの奇しい恵みをお示しください。立ち向かう者から身を避けて右の手に来る者を救う方。私を、ひとみのように見守り、御翼の陰に私をかくまってください。私を襲う悪者から。私を取り巻く貪欲な敵から。(6-9)

そして私たちは、ダビデの最も深い望みを見ます。彼は言いました。「主よ。私の敵はこの世の物を求めているので、その物をどうぞ与えてください。しかし、私が求めるのは、あなたの顔を見ることです。また、私は目覚める時、私があなたのようになるなら、満足します。」(14-15)

だから、神様はダビデについてこう言いました。「彼はわたしの心にかなった者です」

私は若い時、この歌を聞いて、本当に気に入りました。

私が大きくなると、あなたのようになりたいです。
あなたが愛するように、私も愛することを学びたいです。

周りの人々が微笑んで、私についてこう言ってほしいです。
「その人はきっと天の父の子です。」

私は大きくなったら、あなたのようになりたいです。

神様は私たちのために同じことを望みます。

パウロはこう書いた。

私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。(第二コリント3:18)

私たちの目的がこの世の物を得ないように。また、私たちを憎む人のようにならないように。

むしろ、私たちは、私たちを愛している天の父のようになるように。また、周りの人々が私たちを見ると、天の父が見えるように。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中