詩篇13篇ーー神様、あなたはどこ?

時々、私たちは、「神様、あなたはどこ?」と思います。

この詩篇で、ダビデは、そのように祈った。

主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになるのですか。いつまで御顔を私からお隠しになるのですか。いつまで私は自分のたましいのうちで思い計らなければならないのでしょう。私の心には、一日中、悲しみがあります。いつまで敵が私の上に、勝ちおごるのでしょう。(1-2)

時々、私たちは聖書の登場人物をスーパーヒーローのように考えます。私たちはダビデについて読む時、彼がいつも神様と親しい関係があったと思います。また、彼に問題があっても、神様の臨在を良く感じて、すぐに慰められたと思います。

でも、私たち皆には霊的な砂漠の経験があります。その時、私たちは「神様はどこだろうか」と思います。また、私たちの祈りが天上に当たってすぐに落ちると思います。また、どこに見ても、神様を見つけることができません。

だから、ダビデのように私たちは叫びます。「神様。あなたはどこ?どうしてあなたは隠れている? 私の状態を見ないの? 私をもう愛していないの? 毎日、私の恐れと戦い、絶望と戦います。どれぐらいこれは続くの?助けてください。あなたがいらっしゃらないと、耐えられない。」

神様が遠いと思う時、私たちはどうしたら良いでしょうか。

あなたの信仰にしがみつき続けて下さい。何も感じなくても、神様が、まだあなたを愛していることを信じ続けてください。また、その気持ちがなくても、神様にあって喜んでください。

あなたは、「その気持ちがなくても、どのように喜ぶことができるだろうか」と訊くかもしれない。

それは簡単なことじゃないです。でも、ダビデの言葉を見ると、ヒントを見つけることができると思う。彼は歌った。

私はあなたの恵みに拠り頼みました。私の心はあなたの救いを喜びます。私は主に歌を歌います。主が私を豊かにあしらわれたゆえ。(5-6)

ダビデは、神様が過去に何をしてくださったかを思い出して、神様の慈しみを感謝しました。そうすると、彼は「過去に私を救い出した同じ神様は、きっと今も私を救い出します。」と分かりました。

そのように、私たちは神様が遠いと思う時、神様が過去に何をしてくださったかを思い出すべきです。特に、イエス様が十字架で何をしたかを思い出すべきです。つまり、イエス様が私を愛したので、この世に来て、私たちの罪のために死んだことを思い出すのです。

イエス様がそのように私たちを愛したら、どうして私たちはその愛を疑うでしょうか。きっと、今も私たちを助けてくださいます。

もう一つのことを思い出してください。私たちに気持ちがなくても、神様を賛美することを選択することを、神様が近いと思うから賛美することよりも、神様は喜びます。

また、神様の慈しみが見えなくても、その慈しみを信じ続けることを選べば、私たちの信仰は本当に成長します。

そして、結局神様は、もう一度自分自身を私たちに表してくださいます。

あるスティーブン・カーティス・チャップマンの歌も、そのことを教えます。

この場所で、私は神様を見つけられると思いました。
聖書を読んだし、跪いて祈りました。
私は待ち望んで、天に仰ぎました。
でも、太陽はまだ出ていなかった。

でも、時々、イエス様は曇っている時に来ます。
時々、私たちはイエス様の顔が見えない。
時々、空は暗いです。

でも、私たちが見えない時だけ、私たちが神様から学ぶこともあります。
また、私たちが見られない時だけ、私たちの信仰が成長することができる時もあります。

だから、時々、神様は雨の時にも来ます。
その時、私たちは苦しんで、「どうして?」と訊きます。
「どうして、神様はと遠いだろうか」と思います。
でも、後で私たちが分かるのは、「その時でも、神様は私と共におられた」という事です。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中