詩篇11篇ーー恐れに負けないこと

この詩篇を読むと、私はネヘミヤの話について考えます。ユダヤ人がエルサレムの城壁の修理を止めるために、その敵がある祭司を買収して、ネヘミヤにこう言った。「あなたを殺すために敵が来ているので、主の宮に隠れなくてはならない。」

でも、ネヘミヤは答えた。

私のような者が逃げてよいものか。私のような者で、だれが本堂に入って生きながらえようか。私は入って行かない。(ネヘミヤ記6:11)

ネヘミヤのように、ダビデはこう書いた。

主に私は身を避ける。どうして、あなたたちは私のたましいに言うのか。「鳥のように、おまえたちの山に飛んで行け。それ、見よ。悪者どもが弓を張り、弦に矢をつがえ、暗やみで心の直ぐな人を射ぬこうとしている。拠り所がこわされたら正しい者に何ができようか。」(1-3)

ダビデとネヘミヤの状況は違ったけど、彼らには共通点がありました。彼らは恐れに負けることを拒絶しました。むしろ、彼らは神様に信頼することを選びました。周りの人々は慌てて、「大変だ。どうしよう!」と言ったけど、ダビデとネヘミヤは堅く立って、動かされなかった。どうして、彼らは怖がらなかったでしょうか。

ダビデはこう書いた。

主は、その聖座が宮にあり、主は、その王座が天にある。その目は見通し、そのまぶたは、人の子らを調べる。主は正しい者と悪者を調べる。そのみこころは、暴虐を好む者を憎む。(4-5)

つまり、「神様はここにおられる。神様は何が起こっているか知っている。神様はすべてをコントロールしている。また、神様は私を見守って、私を攻める人を扱ってくれる。」

そして、ダビデはこう言った。

主は正しく、正義を愛される。直ぐな人は、御顔を仰ぎ見る。(7)

あなたはどうですか。ダビデのように、あなたは主に信頼しているでしょうか。あなたの世界が崩壊していると思う時、あなたはパニックに負けるでしょうか。

もしくは、主はあなたの砦でしょうか。あなたは、主の手が見えないのに、その手があなたを覆うことを信じるでしょうか。主に100%信頼しているでしょうか。

イザヤはこう書いた。

立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。(イザヤ書30:15)

イスラエル人と違って、恐れに負けないでください。むしろ、ダビデとネヘミヤのように、忠実な神様に信頼しましょう。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中