詩篇9章ーー正義の神

この詩篇では、主なテーマは神様の正義です。

ダビデは神様についてこう言いました。

あなたが私の正しい訴えを支持し、義の審判者として王座に着かれるからです。(4)

また、

主は義によって世界をさばき、公正をもって国民にさばきを行なわれる。(8)

また、

主はご自身を知らせ、さばきを行なわれた。(16)

この世では、私たちは決して悪を見ないわけじゃないです。もちろん私たちは悪をよく見ます。でも、ダビデは神様についてこう言いました。

主はしいたげられた者のとりで、苦しみのときのとりで。御名を知る者はあなたに拠り頼みます。主よ。あなたはあなたを尋ね求める者をお見捨てになりませんでした。主にほめ歌を歌え、シオンに住まうその方に。国々の民にみわざを告げ知らせよ。血に報いる方は、彼らを心に留め、貧しい者の叫びをお忘れにならない。。。貧しい者は決して忘れられない。悩む者の望みは、いつまでもなくならない。(9-12、18)

つまり、私たちは正義が遅いと思うかもしれないけれど、結局正義が来ます。また、私たちの困難な時、神様がまだ私たちのそばにいらっしゃって、私たちを決して捨てません。困難な時、神様はあなたから遠く離れていると思うかもしれないけど、神様は私たちを無視せずに、私たちのすべての叫びを聞きます。神様は私たちを忘れていない。神様は私たちを助けるために立ち上がります。

だから、神様が私たちを助ける時、ダビデのように、神様をほめたたえましょう。彼は歌った。

私は心を尽くして主に感謝します。あなたの奇しいわざを余すことなく語り告げます。私は、あなたを喜び、誇ります。いと高き方よ。あなたの御名をほめ歌います。(1-2)

神様、私が私に対するあなたの慈しみを決して忘れないように。試練の時、あなたが私と共にいてくださることを感謝します。あなたがその試練から私を救い出すと、私が周りの人々にあなたが何をしてくださったか伝えるように。その人々が私の証によって、あなたを知り、ほめたたえるように、アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中