詩篇6篇ーーあなたの苦しみは長く続くと思う時

ダビデはこの詩篇を書いたけど、ヨブはこのような詩篇を書くことができただろうか、と思います。

ヨブのように、ダビデは、病気があって、その病気は永遠に続いたようでした。

それに、神様はダビデを懲らしめるようだったけど、ヨブのようにダビデはその理由を知らなかった。(この詩篇で、ダビデは全然罪を告白しません。)

それだけではなく、ダビデの敵は、その病気を見て、彼を攻撃する機会だと思った。

それでも、ヨブと違って、ダビデは神様の正義を決して疑わなかった。彼は、神様から何ももらわないことに値しないことが分かりました。実は、彼は神様の怒りに値しました。だから自分の義によるのではなく、神様の憐れみと絶えない愛によって、癒しを乞いました。

彼は叫んだ。

主よ。私をあわれんでください。私は衰えております。主よ。私をいやしてください。私の骨は恐れおののいています。私のたましいはただ、恐れおののいています。主よ。いつまでですか。あなたは。帰って来てください。主よ。私のたましいを助け出してください。あなたの恵みのゆえに、私をお救いください。(2-4)

でも、ダビデが祈った時、神様の慰めをもらいました。

不法を行なう者ども。みな私から離れて行け。主は私の泣く声を聞かれたのだ。主は私の切なる願いを聞かれた。主は私の祈りを受け入れられる。私の敵は、みな恥を見、ただ、恐れおののきますように。彼らは退き、恥を見ますように。またたくまに。(8-10)

クリスチャンのコメディアン、マーク・ローリーはこう言った。「私の大好きな聖書の箇所は「And it came to pass…」という箇所です。」

それはちょっとした冗談です。「It came to pass」という表現は、ちょっと古い英語です。その意味は、「そのころ」、また「ある時期になって」という意味です。でも、文字通りに解釈すると、「その時期はすぐに過ぎた」という意味です。

だから、ローリーのポイントは、「私たちの苦しみは永遠に続きません。いつか、その苦しみの時間は過ぎます」という事です。

そして、彼は自分の詩編を歌いました。

私の心に私が隠した一人で泣いた涙がいっぱいあります。
でも、神様が近いと知っている。
神様が私を聞くことを知っている。
この涙はいつまでも続かないことを知っている。
今日の苦しみは一掃される。
なぜなら、この時期もすぎます。

夜が朝になると、
私たちはその真実を見ます。
皆はトラブルを経験するけど、
そのトラブルは結局消える。

この時期も過ぎる。
この時期も過ぎる。

雨垂れのように落ちる涙は結局乾きます。
この時期も過ぎます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中