詩篇5篇ーー王に願う

私はこの詩篇が大好きです。子供の時から今でも、その詩編からの歌を歌います。

私の言うことを耳に入れてください。主よ。私のうめきを聞き取ってください。私の叫びの声を心に留めてください。私の王、私の神。私はあなたに祈っています。主よ。朝明けに、私の声を聞いてください。朝明けに、私はあなたのために備えをし、見張りをいたします。(1-3)

この詩篇を読む時、私は正義と助けを願う人が宮廷に入ることを想像します。その人は王の前に跪いて、叫びます。「私の王。私の神。私を憐れんでください。あなたの助けが必要です。私の願いを聞いて下さい。」

この箇所では、その人の謙遜な態度が見えるし、その人が王を愛し、信頼することも見えます。

「主よ。朝に私が起きる時、私の最初の思いはあなたについてです。あなたの前に、私は来て、私の願いを捧げて、待ち望みます。なぜなら、あなたが私を愛し、私の祈りを応えることを信じるから。」

その時、ダビデどの問題に直面するか、私たちは知らない。でもいつも、トラブルや恐れや、心配がある時、彼は王に向かいました。私たちもそうするべきです。

どうして、私たちは神様の前に来られるでしょうか。私たちは私たちを傷つける人よりも正しい人だからでしょうか。違います。神様の憐みによって、私たちは神様に近づくことができます。

人は私たちを傷つけるし、裏切るかもしれないけど、神様は決してそうしません。神様は良い王だし、私たちが叫ぶと、神様は私たちに正義を与えてくださいます。また、神様は自分の翼で私たちを覆います。ダビデはこう祈った。

あなたが彼らをかばってくださり、御名を愛する者たちがあなたを誇りますように。主よ。まことに、あなたは正しい者を祝福し、大盾で囲むように愛で彼を囲まれます。(11-12)

それを読む時、一つのイエス様のたとえ話について考えます。その話では、ある女の人が不正義な裁判官から正義を求めました。彼はずっと何もしてくれなかったけど、彼女が諦めずに頼み続けたので、結局彼は彼女に正義を与えました。

でも、イエス様はその裁判官を、私たちを愛している天の父に対照しました。

まして神は、夜昼神を呼び求めている選民のためにさばきをつけないで、いつまでもそのことを放っておかれることがあるでしょうか。あなたがたに言いますが、神は、すみやかに彼らのために正しいさばきをしてくださいます。しかし、人の子が来たとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか。(ルカ18:7-8)

時々、神様がダビデを救い出すために、ダビデは何日間も、何年も待たなくてはならなかった。でも、彼は自分の信仰を決して失わなかった。毎朝、ダビデは、神様の前に来て、自分の願いを捧げた。そして、神様は愛を持って、その祈りを聞いて、結局ダビデを救い出した。

私たちは苦しむ時、ダビデの信仰を持ちましょう。なぜなら、神様は私たちを聞き、私たちを愛し、私たちの祈りに応えるから。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中