詩篇4篇ーー平和

この混迷の世に、平和が見つけにくい時もあります。特に、皆があなたに反対するとき、平和を見つけるのは難しくなります。

サウルやアブサロムがダビデを攻めた時、ダビデも、そのように感じたと思います。

だからダビデは神様に叫んだ。

私が呼ぶとき、答えてください。私の義なる神。あなたは、私の苦しみのときにゆとりを与えてくださいました。私をあわれみ、私の祈りを聞いてください。人の子たちよ。いつまでわたしの栄光をはずかしめ、むなしいものを愛し、まやかしものを慕い求めるのか。(4:1-2)

ダビデの苦しみの中に、周りの人々は、ダビデの信仰をからかったかもしれない。「神様はあなたを救えない。神様は本当に存在しているだろうか。」

現代でも、人々は同じようなことを言います。彼らは偽物の神々を礼拝するし、お金の「神」や、セックスの「神」や、力の「神」を求める。

だから、私たちが問題に直面するとき、彼らは私たちが神様に従うことをからかいます。

でも、ダビデは、その敵にこう言った。

知れ。主は、ご自分の聖徒を特別に扱われるのだ。私が呼ぶとき、主は聞いてくださる。(3)

つまり、「あなたは私の信仰をからかうかもしれないけど、私は神様のものです。結局、あなたはそのことを知ります。神様は私の祈りに応えるから。」

そして、自分自身に、また苦しんでいる私たちにこう言います。

恐れおののけ。そして罪を犯すな。床の上で自分の心に語り、静まれ。(4)

私たちが怒っても良いです。イエス様が怒った時もありました。でも怒る時、罪を犯すべきではありません。だから、神様の前に静まり、自分の心を探して、自分の態度を見るべきです。そして、神様が私の心を汚すものを清めるように祈るべきです。

特に、苦々しい思いに気を付けなくてはならない。私たちが苦々しい思いを持ち続けたら、その苦々しい思いは、がんのように私たちの人生に広がるから。

だから、神様がその苦々しい思いを取り去るように祈るべきです。

そしてダビデは、こう言いました。

義のいけにえをささげ、主に拠り頼め。(5)

イエス様によれば、義のいけにえを捧げたいなら、健康な人間関係を保つべきです。イエス様はこう言いました。

だから、祭壇の上に供え物をささげようとしているとき、もし兄弟に恨まれていることをそこで思い出したなら、供え物はそこに、祭壇の前に置いたままにして、出て行って、まずあなたの兄弟と仲直りをしなさい。それから、来て、その供え物をささげなさい。(マタイ5:23-24)

時々、人々が私たちを傷つけて、私たちが仲直りしようとしても、彼らは私たちを傷つけ続けます。その場合、私たちは神様がふさわしい時に、その人を扱うことを信頼するべきです。私たちは復讐してはいけません。

それでも、できるだけ、その人から距離を保つ方が良いです。

サウルはダビデを殺そうと思った時、ダビデはサウルから逃げました。でも、ダビデのように、その人に対して、苦々しい思いを持たないようにしましょう。むしろ、神様に信頼し、その状況とその人を神様の手に委ねるべきです。

そして、苦しむ時、神様の愛と慈しみを疑わないでください。むしろ、ダビデのように、こう祈ってください。

どうか、あなたの御顔の光を、私たちの上に照らしてください。(6)

言い替えるなら、「主よ。私に向かってください。あなたが私とともにいることを表してください。また私たちに対するあなたの愛を表してください。なぜなら、あなたの光が私を照らす時、私の周りのものは、ただ陰になるから。」

その態度を取れば、神様の喜びはあなたを満たし、あなたはダビデのように言います。

平安のうちに私は身を横たえ、すぐ、眠りにつきます。主よ。あなただけが、私を安らかに住まわせてくださいます。(8)

あなたはどうですか。神様の平和を知っているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中