ネヘミヤ記6章ーー嘘、識別、と力

エルサレムの城壁の修理がほとんど完成されたので、もう一度ユダヤ人の敵はその働きを止めように計画しました。彼らはそれが最後のチャンスだと分かっていました。

最初に、彼らはネヘミヤに言った。「私たちは今まで喧嘩していたけれど、ここで話し合いましょう。」

でも、ネヘミヤがエルサレムを去ると、彼らは彼を殺すように計画しました。ネヘミヤはそれを知っていたので、彼らに会うことを拒絶しました。彼らは四回ネヘミヤを誘ったけど、彼は四回拒絶しました。

だから、彼らはネヘミヤに言った。

諸国民の間に言いふらされ、また、ゲシェムも言っているが、あなたとユダヤ人たちは反逆をたくらんでおり、そのために、あなたは城壁を建て直している。このうわさによれば、あなたは彼らの王になろうとしている。また、あなたはエルサレムで、自分について宣言させるために、預言者たちを任命して、『ユダに王がいる』と言わせている。今にこのようなことが王に聞こえるであろう。さあ、来なさい。いっしょに相談しよう。(6-7)

多分、彼らはゼカリヤ書9章を読んで、その預言によってネヘミヤを責めました。

でも、ネヘミヤはその冤罪を否定しました。なぜなら、彼は王になることを全然計画していなかったし、王のサポートがある事を知っていたから。その敵もそのことを知っていたので、彼らは結局王に手紙を送らなかった。

そして、その敵がある祭司を買収して、その祭司はネヘミヤにこう言った。

私たちは、神の宮、本堂の中で会い、本堂の戸を閉じておこう。彼らがあなたを殺しにやって来るからだ。きっと夜分にあなたを殺しにやって来る。(10)

でもネヘミヤはもう一度拒絶しました。なぜなら、彼がリーダーで、もし彼が隠れたら、ネヘミヤは人々の信頼を失ったかもしれないから。それに、神様の律法によれば、彼が聖所に入るのは禁じられました。そうすれば、ユダヤ人の尊敬を失ってしまったでしょう。

そして、彼らはスパイをネヘミヤに送りました。彼らはユダヤ人の敵トビヤについていろんな良いことを言ったけど、ネヘミヤは騙されなかった。だから、トビヤはもう一度ネヘミヤを脅しました。

だけど、その試練の時、ネヘミヤはこう祈りました。

ああ、今、私を力づけてください。(9)

神様はその祈りに応えました。ユダヤ人の敵の努力なのに、城壁の修理は完成されました。そして、ユダヤ人とその敵の皆は、神様の助けによって彼らがその修理を完成したことを認めました。

私たちはこの箇所から何を学ぶことができますか。

私たちが神様の働きをすることを止めるのに、サタンは努力します。私たちに嘘をつくし、私たちを誘惑するし、攻撃します。

どうやって、サタンと戦うでしょうか。

神様からの知恵と識別が必要です。それらを得るため、私たちは毎日祈って、聖書を読むべきです。そうすれば、私たちは真理と嘘を見分けるし、神様の御心を知ります。

そして、サタンが私たちを脅して、攻撃したら、ネヘミヤのように、私たちは神様の前に跪いて、力を頼むべきです。

だから、私たちがこの世に神様の働きをする時、神様の知恵と識別と力を頼みましょう。そうすれば、サタンは私たちを止めることができません。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ネヘミヤ記, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中