ネヘミヤ記5章ーー仲間割れ

サタンは外からの攻撃によって、ユダヤ人がエルサレムの城壁を建て直すことを止めることができませんでした。だから違う作戦をやろうと思いました。ユダヤ人の間に、つまり、金持ちと貧しい人の間に仲間割れを起こしました。

その時、貧しい人々は苦しんでいました。なぜなら、飢饉があったし、税金を払わなくてはならなかったので、食べ物を買うことができなかったから。だから、彼らは自分の田畑や家を売らなくてはならなかった。

それでも、彼らがまだ食べ物が必要だったので、彼らは自分の子供たちを奴隷として売りました。

ネヘミヤがその状況について考えた時、彼が分かったのは、その問題はおもだった者たちや代表者たちのせいだったという事です。彼らはお金もうけるために貧しい者の問題に付け込みました。

神様の律法によれば、担保を取って金を貸しているのは禁じられていました。神様はこう命じた。

隣人に何かを貸すときに、担保を取るため、その家に入ってはならない。(申命記24:10)

それでも、貧しい者がローンを返さない時、おもだった者たちや代表者たちはためらわずに彼らの土地や穀物や子供を取りました。

ネヘミヤが彼らをしかった時、彼らは返事できませんでした。結局彼らは悔い改めて、貧しい者から取った物のすべてを返しました。

ネヘミヤには総督として手当を受ける権利があったけど、ユダヤ人に負担をかけないように何も受けていませんでした。むしろ、毎日、彼は150人を招待して、一緒に食事をしました。

また、彼は総督としてユダヤ人に威張り散らさなかった。むしろ、彼らと一緒に働いて、城壁を建て直しました。

私たちはこの箇所から何を学ぶことができますか。

直接私たちを攻撃しても、サタンが神様の働きを止められないなら、サタンは私たちが互いに攻め合うように働きます。もし、私たちの統一がつぶれて、私たちが戦い合ったら、私たちは神様の働きを続ける時間は無くなります。

どうやって、その状況から避けられるでしょうか。ネヘミヤのような心を持つべきです。つまり、人に仕える心を持つべきです。

だから、自分の利益だけを求めないでください。その態度は不統一に導きます。むしろ、互いに愛によって仕え合いましょう。

パウロはこう書いた。

兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。律法の全体は、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という一語をもって全うされるのです。もし互いにかみ合ったり、食い合ったりしているなら、お互いの間で滅ぼされてしまいます。気をつけなさい。(ガラテ5:13-15)

 

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ネヘミヤ記, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中