エステル記10章ーー周りの人の利益のために働くこと

エステル10章は、アハシュエロス王とモルデカイの偉大さについての話です。私の心を打つのは3節です。

それはユダヤ人モルデカイが、アハシュエロス王の次に位し、ユダヤ人の中でも大いなる者であり、彼の多くの同胞たちに敬愛され、自分の民の幸福を求め、自分の全民族に平和を語ったから、自分の全民族に平和を語ったからである。(3)

多くの人々は、特権を得るためにリーダーになりたいと考えます。彼らは人に仕えられることを望みます。

もちろんモルデカイは特権を得たし、人に仕えられたけど、彼にとって、「リーダー」というのはもっと深い意味がありました。

つまり、本当のリーダーは人に仕えるのです。本当のリーダーは自分の利益だけを求めずに、その人々の利益を求めるのです。本当のリーダーはその人々の世話をするのです。

4章には、モルデカイはエステルにそう教えました。またリーダーとして、モルデカイはそう生きていました。

あなたはどうですか。夫として、親として、先生として、上司として、リーダーとして、あなたはどのように生きているでしょうか。あなたのために生きるでしょうか。周りの人々にあなたを尊敬するように要求するでしょうか。

もしくは、彼らの利益のために働くでしょうか。

モルデカイは自分の民の幸福を求め、自分の全民族に平和を語ったので尊敬されました。

私たちは周りの人々の尊敬を自分から要求することはできません。あなたが尊敬されたいならば、それを得るために働かなくてはなりません。

もし、イエス様のようにあなたが彼らを愛して、彼らの世話をするなら、その尊敬を得ることができます。

パウロはこう書いた。

何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。自分のことだけではなく、他の人のことも顧みなさい。(ピリピ2:3-4)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 旧約聖書, 歴史書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中