エステル記2章ーー神様の心に従い、用いられているでしょうか

私が読んだエステル記を解説する本によれば、エステル記について疑問がある人もいるそうです。

一つの理由は、エステル記で「神様」か「主」という言葉は全然出ていないということです。

どうしてでしょうか。もしかしたら、この本がペルシャ人に、どうしてユダヤ人がプリムの祭りをお祝いするか説明するので、ペルシャ人は宗教的なことに別に興味がなかったからだと考えられます。

もう一つの説明は、神様はエステルの事情では全然働かなかったという事です。むしろ、ユダヤ人は神様を頼れずに、自分の力と知恵によって働きました。伝道者の書で、そんな考え方を見ることができます。またサウルやアブラハムやイサクやヤコブは、時々そのように生きました。

しかし、エステル記を読むと、私は神様が本当にその事情の中で働いたと思います。でも、神様はエステルとモルデカイの行動の全部に同意したでしょうか。私はそう言えません。

2章を読む時、私にはいろんな疑問があります。例えば、エステルは自主的に「女王のコンテスト」に参加したのでしょか。彼女には選択があったでしょうか。もしくはモルデカイがエステルにそのコンテストに参加するように提案したのでしょうか。もしそうなら、本当に悪い決断だったと思います。

なぜなら、神様はユダヤ人が偶像礼拝している人と結婚することを禁止したから。エズラ記とマラキ書でそのことが書いてあります。

それに、エステルは女王にならなくても、家に帰ることができなかった。むしろ、彼女が王と一泊して一緒にいたので、彼女はその時から王のそばめになりました。でも、多分彼女はもう王に会いません。もし、エステルが自発的にそのコンテストに参加したら、神様の律法によると、それは罪だったと思います。

もし、エステルが自発的に参加しなかったら、どうしてモルデカイはエステルに自分の国籍を隠しなさいと言ったでしょうか。その時代、ユダヤ人は迫害されていませんでした。エズラ4:6によれば、ある人々はアハシュエロスに告訴状を送って、ユダヤ人について責めたけど、彼は何もしなかったらしいです。

また、エステル記を全部読んだら、アハシュエロスはユダヤ人を全然憎んでいなかったのがわかります。

だから、どうしてエステルはその国籍を隠したでしょうか。私は分からないけど、多分モルデカイはペルシャ人がエステルの国籍を知ったら、彼女が女王になれないと考えたのでしょう。でもそれが本当だったら、良いことじゃないんでしょうか。もし正直に自分の国籍を伝えたら、アハシュエロスに会う前にエステルを帰らせたかもしれない。

あなたはこう言うかもしれない。「でも、エステルが女王にならなかったら、ユダヤ人は殺されてしまったでしょう。」

でも、以下の二つのことを覚えていてください。

一つ目は、4章で、モルデカイはエステルにこう言ったことです。

もし、あなたがこのような時に沈黙を守るなら、別の所から、助けと救いがユダヤ人のために起ころう。(4:14)

もしエステルが女王にならなかったら、モルデカイの言葉はまだ真実だと思います。神様は別の方法でユダヤ人を救ったことでしょう。

二つ目は、もしハマンがエステルがユダヤ人であることを知ったら、ユダヤ人を殺すプランを作ったでしょうか(エステル3章)。きっとそうはしなかったと思われます。

ここで私が言いたいのは次のことです。私たちが神様の心に従っているから、神様は私たちを用いるでしょうか。もしくは、私たちが悪い決断をしてしまっても、神様は私たちを用いるでしょうか。

もちろん、神様は働いて、ユダヤ人を救いました。また、エステルがもう女王になったので、神様は彼女を通してユダヤ人を救いました。でも、彼女が女王ではなかったら、神様は別の方法でユダヤ人を救ったのです

私たちはモルデカイとエステルが悪い人と言っているでしょうか。そうではない。多分彼らは悪い状況の中で、彼らは自分の目に正しいと見えることを行なっていた。(士師記21:25)

でも、時々彼らは悪い決断をしました。彼らの目に正しいと見えることを行っていたかもしれないけど、神様の目には、彼らは正しいことを行っていませんでした。

だから気を付けてください。あなたの行動を神様の言葉によって判断してください。あなたの目に正しいと見えることをせずに、神様の標準によって生きてください。

あなたの状況を指摘して、自分の行動を正当化しようとするかもしれない。

もしくは、あなたは「でも、神様は私を通して良いことをしました」と言うかもしれない。

でも、どうして神様はあなたを用いたでしょうか。

あなたは神様の心に従っているからでしょうか。

もしくはあなたの悪い決断なのに、神様はあなたを用いたでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エステル記, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中