ゼカリヤ書12章ーー私たちの目が開かれるように

この箇所で、私たちはイスラエルの将来をちょっと見ることができます。あるクリスチャンは、神様がイスラエルをもう捨てたのだ、と思います。つまり、神様の全ての約束はイスラエルのためではなく、教会のためだというのです。でも、その考え方は間違っていると思います。パウロはイスラエルについてこう書きました。

彼らは。。。選びによれば、父祖たちのゆえに、愛されている者なのです。神の賜物と召命とは変わることがありません。(ローマ11:28-29)

そして、ゼカリヤの預言によれば、ある日、神様はイスラエル人の目を開けてくださいます。

最後の日、周りの国々はイスラエルを滅ぼそうと思って、エルサレムを攻撃します。でも、神様はこう言いました。

わたしはエルサレムを、その回りのすべての国々の民をよろめかす杯とする。。。その日、わたしはエルサレムを、すべての国々の民にとって重い石とする。すべてそれをかつぐ者は、ひどく傷を受ける。。。(2-3)

イスラエル人が、神様が自分たちを守っていることを見る時、彼らはこう言います。

エルサレムの住民の力は彼らの神、万軍の主にある、と。(5)

そして、彼らが神様の救いを見る時、もう一つのことが分かるようになります。つまり、彼らが願っていた救い主はもう来ていたということです。でも2000年前に、彼らは自らの手でその救い主を殺してしまいました。

わたしは、ダビデの家とエルサレムの住民の上に、恵みと哀願の霊を注ぐ。彼らは、自分たちが突き刺した者、わたしを仰ぎ見、ひとり子を失って嘆くように、その者のために嘆き、初子を失って激しく泣くように、その者のために激しく泣く。(10)

その日、全てのイスラエル人はイエス様をメシアとして、つまり救い主として認めます。そして、すべてのイスラエル人は救われます。(ローマ11:26)

この箇所を読む時、私は神様の恵みは不思議だなぁ、と思います。イスラエル人が神様を求めなくても、(もしくは間違っている場所で神様を求めても)、彼らは神様を見つけます。どうしてでしょうか。彼らは神様の愛に値していないです。彼らは他の国民よりも良い国民というわけではありません。でも、神様の愛と憐れみによって、彼らは神様を見つけて、救われます。

そのように、私たの霊的な目が開いて、私たちが悔い改めるために、神様は恵みと哀願の霊を私たちの上に注ぎます。そして、私たちが救い主イエス様を見るとき、ユダヤ人のように私たちは救われます。

おどろくばかりの 神の恵み。
なんて、うるわしい響きでしょう。

神のすばらしい恵みによって、
こんなどうしようもない私が救われたのです。

かつて、私は迷って混乱したたけど、
神様は私を見つけました。

かつて、私には何も見えませんでしたが
今、私には、見えるのです。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 十二小預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中