ゼカリヤ書6章ーーもう一度この世に戻る方

私が好きな歌の一つは、ダラス・ホルムの「Rise again(よみがえる)」という歌です。その歌は、十字架のイエス様の言葉を連想させます。そして、イエス様が死んだあと、この歌ではイエス様はこう言います。

どうぞ私がもう死んだと言ってください。
でも、あなたが間違えていることが分かるようになります。
どうぞ私を隠そうとしてください。
でも、結局この世の皆は私が救い主であることが分かるようになります。

なぜなら、私はこの世に戻るから。
私が戻ってくるのを止める力のある人はいません。
私はこの世に戻ります。
私の民を集め、導くために戻ります。

この聖書の箇所はキリストが戻ってくることについて書かれています。1-8節では、神様はこの世の国々とその民を裁きます。この箇所を黙示録6章と比べると、多分、白い馬は戦争を表します。また、赤い馬は暴力と流血を表すし、黒い馬は飢饉と死を表すし、まだら毛の馬は黙示録の青ざめた馬のように死病を表します。

それは酷いものだけど、神様はまだ全てをコントロールしています。実は、今まで私たちがこのようなものを見ても、神様は完全な裁きを注いでいないと思われます。

でもある日、神様は自分の怒りのすべてをこの世に注ぎます。その時、今まで誰も知らない苦しみがこの世に来ます。

しかし、そのあと、イエス様はこの世に戻ります。この箇所では、大祭司ヨシュアはイエス様を表します。(以前言ったように、「ヨシュア」という名前は、ギリシャ語で「イエス」です。)

ゼカリヤはヨシュアのために冠を作って、ヨシュアの頭にかぶらせました。その時、ゼカリヤはヨシュアが表す救い主について預言しました。

ヨシュアは大祭司だけでした。ゼルバベルはダビデの子孫だけど、王じゃなくて、ただの総督でした。でも、将来に来る救い主は王だし、大祭司です。

ゼカリヤはこう言いました。

彼は主の神殿を建て、彼は尊厳を帯び、その王座に着いて支配する。その王座のかたわらに、ひとりの祭司がいて、このふたりの間には平和の一致がある。(11)

多分、この宮はヨシュアとゼルバベルが建てる宮ではありません。むしろ、その宮はエゼキエルの宮です(エゼキエル記40-43章)。その時、イエス様は完全な王と大祭司になります。

先に行く前に、ちょっと説明しなくてはならないことがあります。聖書を翻訳することは難しいです。この箇所では、ヘブル語の意味はちょっと微妙です。つまり、ヘブル語の11節では、「二」と書いてあります。それは「二人」という意味でしょうか。また、「二つの任務」、つまり、「王と大祭司の任務」という意味でしょうか。その答えはちょっと微妙です。ある英語の翻訳は「the counsel of peace will be between the two offices」、つまり、「二つの任務の間に平和の一致がある」と書いてあります。でも、日本語の翻訳は、「このふたりの間には平和の一致がある。」と書いてあります。(実は、日本語の翻訳に似ている英語の翻訳もあります。)

その決断は、他の翻訳に影響を与えました。日本語では、「その王座のかたわらに、ひとりの祭司がいる」と書いてあります。でも、英語では、「he will be a priest on his throne」、つまり、「彼は祭司であって、王座にいる」と書いてあります。

だから、日本語の翻訳を読むと、大祭司と王は別の人みたいです。でも、英語の翻訳では、大祭司と王は同じ人です。

はっきり言いたいです。英語の翻訳も日本語の翻訳も、ヘブル語に忠実です。でも、その神様が与えた絵を見たら、多分英語の方が良いと思います。つまり、その祭司ヨシュアは王の冠をもらったことです。また、他の聖書の箇所によれば、イエス様は王だけではなく、大祭司です。

とにかく、私たちはこの箇所から何を学ぶことができるでしょうか。それはどんな状況になったとしても、私たちには希望があるということです。私たちの世界を見ると、いろんなトラブルがあります。私たちの政治家を見ると、彼らを全く信頼できません。アメリカでは、「正直な政治家」は矛盾の表現です。つまり、アメリカ人は正直な政治家が全然いないと思います。(日本人はどう思うだろうか。)

時々、スキャンダルがあるので、クリスチャンのリーダーたちにも良い評判がないです。

でも、イエス様が戻ると、正義によって支配するし、イエス様の清さは皆に対して明らかです。イエス様を通して、私たちは天の父神様はどんな方であるか分かるようにまります。

だから、戦争や、死病や、飢饉や、天災を見る時、がっかりしないでください。神様はすべてをコントロールしているから。また、悪い政治家や、悪い霊的なリーダを見る時、がっかりしないでください。なぜなら、イエス様はこの世に戻るから。だから、イエス様に焦点を当ててください。他のものに焦点を当てるなら、私たちはすぐに失望します。でも、イエス様に焦点を当てると、私たちの希望は決して取られません。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ゼカリヤ書, 十二小預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中