ゼカリヤ書1:7-2:13–私たちを取り巻く火の城壁、私たちの中の栄光

神様はこのメッセージ、また、この後のすべてのメッセージを主の宮の再建の間にゼカリヤに伝えました。

ゼカリヤは不思議な幻を見ました。一人の人が赤い馬に乗っていた。また、彼の後ろに、赤や、栗毛や、白い馬がいた。彼らは地を行き巡って、世の状態を見ました。彼らは何を見たでしょうか。

私たちは地を行き巡りましたが、まさに、全地は安らかで、穏やかでした。(1:11)

イスラエル人がそれを聞いたら、びっくりしたかもしれない。なぜなら、神様は国々を揺り動かすと言ったから。

だから、天使は訊きました。

万軍の主よ。いつまで、あなたはエルサレムとユダの町々に、あわれみを施されないのですか。あなたがのろって、七十年になります。(1:12)

神様はその天使、またイスラエル人に慰めの言葉を言いました。つまり、神様がイスラエル人を祝福し、主の宮が再建され、イスラエルの町がもう一度繁栄するという事です。(13-17)

そして、神様はイスラエルを征服した国々が裁かれるように約束しました。神様はこう言いました。

わたしは、エルサレムとシオンを、ねたむほど激しく愛した。しかし、安逸をむさぼっている諸国の民に対しては大いに怒る。わたしが少ししか怒らないでいると、彼らはほしいままに悪事を行なった。(1:14-15)

18-20節では、神様はイスラエルを攻撃して、イスラエル人を散らした角(つまり、国)を打倒すと約束します。多分、その[角」はアッシリヤと、エジプトと、バビロンと、ペルシアです。

でも、2章は私の心を本当に打ちます。神様はイスラエルの復活について話します。イスラエルはもう一度繁栄するので、

エルサレムは、その中の多くの人と家畜のため、城壁のない町とされよう。(2:4)

それだけではなく、神様はこう言った。

しかし、わたしが、それを取り巻く火の城壁となる。――主の御告げ――わたしがその中の栄光となる。。。あなたがたに触れる者は、わたしのひとみに触れる者だ。(2:5,8)

また、

シオンの娘よ。喜び歌え。楽しめ。見よ。わたしは来て、あなたのただ中に住む。――主の御告げ――(2:10)

この言葉が大好きです。神様は私たちを取り巻く火の城壁です。つまり、神様は私たちの盾と防衛です。神様は私たちを攻撃する人と戦います。また、神様は私たちの中の栄光です。聖霊様は私たちの心に住んで、私たちを通して輝きます。

ダビデはこう歌いました。

しかし、主よ。あなたは私の回りを囲む盾、私の栄光、そして私のかしらを高く上げてくださる方です。(詩編3:3)

主よ。私の火の城壁になるように。サタンから、また私の敵から私を守ってください。主よ。私の心に住んでください。私の栄光になるように。あなたは私のかしらを高く上げてくださいます。あなたを愛しています。主イエス・キリストの名前によって祈ります。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ゼカリヤ書, 十二小預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中