エズラ4章4-5節;ハガイ書1章ーー優先順位を正しくすること

以前言ったように、エズラ記の年代順はちょっと複雑です。もし、私がその年代順がちゃんと理解できているなら、多分エズラ記4:1-5の事情の後に、4:6-23の事情はすぐに起こらなかったと思われます。

また、エズラ記7章から最後までの事は、4-6-23の前に起こりました。そして、ネヘミヤ記に起こったことは、エズラ記4章の後に起こりました。あなたは混乱しているでしょうか。心配しないでください。このブログを読み続けたら、だんだん分かりやすくなります。:)

でも、もし、6-23節の事が1-5節の後にすぐに起こらなかったのなら、どうして、そのように書いてあるのでしょうか。多分、同じテーマがあるから。つまり、ユダヤ人は城壁とその礎と宮を再建する時、反対に直面しました。

とにかく、その反対によって、彼らは宮の再建を止めました。(エズラ記4:1-5)

でもハガイ書によれば、宮の再建を止める理由がもう一つありました。つまり、ユダヤ人にとっては、主の宮を再建することはあまり大切なことではなかったのです。

だから、預言者ハガイは彼らにこう言いました。

「万軍の主はこう仰せられる。この民は、主の宮を建てる時はまだ来ない、と言っている。」ついで預言者ハガイを通して、次のような主のことばがあった。「この宮が廃墟となっているのに、あなたがただけが板張りの家に住むべき時であろうか。」(ハガイ1:2-4)

つまり、彼らは自分自身の人生について心配したので、主の宮を無視しました。

私たちもそのようなことをするでしょうか。私たちの霊的な人生や、神様との関係が大切だけど、私たちの家計や、仕事や、家族をもっと大切にします。もちろん、それそのものは大切です。でも、私たちがその物を神様よりも大切にするなら、私たちは罪を犯します。

神様はユダヤ人にこう言いました。

今、万軍の主はこう仰せられる。あなたがたの現状をよく考えよ。あなたがたは、多くの種を蒔いたが少ししか取り入れず、食べたが飽き足らず、飲んだが酔えず、着物を着たが暖まらない。かせぐ者がかせいでも、穴のあいた袋に入れるだけだ。(ハガイ1:5-6)

なぜ、彼らの状態はそうなったでしょうか。彼らの優先順位はめちゃくちゃだったから。彼らが神様を無視したから、神様はもう彼らを祝福しなかった。だから、神様は彼らにこう言いました。

万軍の主はこう仰せられる。あなたがたの現状をよく考えよ。山に登り、木を運んで来て、宮を建てよ。そうすれば、わたしはそれを喜び、わたしの栄光を現わそう。主は仰せられる。(ハガイ1:7-8)

神様は私たちに同じことを言います。あなたの現状をよく考えてください。あなたの神様との関係をすべてよりも大切にしてください。神様とその御国をすべてよりも大切にしてください。そうすれば、私たちは神様の祝福を知ります。

イエス様はこう言いました。

だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。(マタイ6:33)

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エズラ記, ハガイ書, 十二小預言書, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中